Crews Maniac Sound / K&T
KTR ST70's
with NFS 69

税込販売価格¥200,572-

この商品の在庫を確認する

1音1音にしっかりとパワー感が感じられる'70sハードロックサウンドを完全再現。

楽器作りのマイスター「Crews 吉岡」氏が持つノウハウ、ヴィンテージギター界の重鎮「K&T 高野」氏による当時と同様の製法・工法で作られる完全手巻きのピックアップ、世界に誇る高い技術力を持つ日本の職人により生み出される国産《Made in Japan》モデル。

KTR ST70'sは、通常のスモールヘッドに比べてネックの共振ポイントが大きく異なるラージヘッドと、60年代後期の代表的なマテリアルであるアルダーボディーの組み合わせが特徴のロックテイストあふれる、KTRシリーズのK&Tピックアップ搭載STモデル。

60年代末期を彩ったロック創生と言っても過言ではない“あのトーン”を再現。ピーキーさは抑えつつも、煌びやかさは存在するという独特のサウンドで、今なお活躍する多くのギターヒーローがHR/HMで同時期のSTタイプを手に取る理由に深く頷くことができるモデルに仕上がっています。

STモデルでロックするギタリストに是非オススメしたい逸品です。

K&T NFS 69

巨大なスタック型アンプが一般化してきた1968~1969年頃、ピックアップもマッチングを目指しての試行錯誤からか至る所を多くのメーカーが幾度も仕様変更しました。

NFS 69はKTR ST70'sが持つハイグレードな本体キャラクターを生かしつつ、類似する多くの製品との差別化を図り60年代末期を彩った短命な“あのトーン”を得るべく従来触れられていなかったこのトランジションモデル(過渡期型)になります。

マグネットの磁力を微量に制限しラッカー含浸を施しているために“ピーキーさが多少抑えられている割に煌びやかさは失っていない”という独特のものです。大型のチューブアンプにプラグインすれば誰もが「ああ!あの音!!」と納得できるサウンドを持っています。フルピッキング時にもっとも強い個性を放つNFS-69。まずは店頭で大音量でお試しください。誰をシミュレートしているかが即、ご理解いただけるでしょう。

  • 厳選されたフルサイズの2ピースアルダーボディ。エルボー/バックコンターからも伺える美しいラインは見栄えだけでなく高いフィット感を実現。塗装は極薄の“Cloudy Lacquer Finish”で落ち着いた印象と抜群の鳴りを体感いただけます。

  • ハードメイプル・ネックに、指板は上質なローズウッドとメイプル(貼りメイプル指板)の2種類をラインナップ。時間と手間をかけて仕上げられたネックシェイプとF社に比べややフラットな指板Rはスッと手に馴染みストレスを感じさせない弦高と弾き心地をもたらします。

  • サウンドへの影響はもちろん、一際目を引く'70sストラトの特徴であるラージヘッドには世界が認めるゴトー製のペグを搭載。チューニングの安定はもちろんの事、鳴りという点においても大きく影響するペグ、もちろん妥協はいたしません。

  • 世界も目を見張る精度の高さから生まれるタイトなジョイントはネックの鳴りを余すことなくボディに伝えます。楽器作りにおいて非常にシビアなポイントであるこの部分は一際時間を掛け、丁寧に組み込まれています。

Specification

Neck : Hard Maple
Fingerboard : Rosewood or Maple 210R (Round Board)
Body : 2 Piece Alder
Pickups : K&T NFS 69
Nut : Non Remove Fat, Non Bleached Bone Nut
Scale : 648mm, 21F
Machine Head : Gotoh SD91
Bridge : Gotoh GE108TS
Controls : 1 Volume, 2 Tone, 5 pos Switch
Finish : Cloudy Lacquer Finish
Case : Original Hard Case

Color Variation

  • Olympic White (OWH)
  • Black (BLK)
  • 3 Tone Sunburst (3TS)