Crews Maniac Sound
KTR LS-02

税込販売価格¥129,600-

この商品の在庫を確認する

王道の中に絶妙なアレンジが加えられたLPタイプ。分離感の良さ、中高域のヌケにも注目。

国産《Made in Japan》に拘り、今まで多くの方に称賛をいただいたKTR(Key to the Rock)の各モデルのノウハウを余すことなく注ぎ込み、より多くの方に手に入れていただくことのできるモデルとして登場したKTRパフォーマンスシリーズ。

KTR LS-02は、マホガニーネックにローズ指板、メイプルトップ/マホガニーバックボディ、2ハムバッキング・ピックアップを採用したトラディショナルなLPスタンダードモデル。

良質な材を採用していることはもちろんですが、それだけでは良い楽器は生まれません。製作にあたり58年LPモデルを細部にわたり検証、正確に採寸されたものをベースにKTR独自のアレンジが積極的に加えられています。職人により手作業で仕上げられたネックは、鳴りをキープするためにやや厚みをたせながらも抜群のフィット感を実現。鳴りに奥行きを持たせる為にウェイトコントロールされたボディは中高域にピークがあり、各弦の分離感も良好。本モデルの為に特別に製作されたオリジナルPUを搭載。ハムバッカーらしいパワー感がありながら、楽器本来の鳴りを尊重したピュアトーンを追求しました。

ST、TLと並び、耳の肥えたプレイヤーも多い王道モデル故、現場から聞こえるお客様の声をヒアリングし、フィードバックさせたKTRらしいアイデンティティを持ったモデルに仕上がっています。

  • 見るも美しいバランスの取れたサンバースト・カラー・フィニッシュ。滑らかなラインを描く芸術的なボディ・トップのアーチとの相性も抜群で整合性をとりながらも絶妙の“遊び”を感じさせる仕上がり。

  • ボディ・バックにはしっかりと目の詰まったアフリカン・マホガニーを使用。鳴りに奥行きを持たせる為にウェイトコントロールすることで、中高域にピークを持ったヌケの良い生鳴りを実現しています。

  • 指板にはトーンを優先し選定されたローズウッドを採用。良質なローズウッドは鳴りも良好、さらにトーンに程よい締まりとフィンガリングにスムーズさを与えてくれます。

  • 幾度の試作を繰り返し完成したオリジナルPUを搭載。中高域にピークを持つ生鳴りをそのまま拾い上げ、LPモデルらしいローミッドをプラス。分離感の良さと押し出し感を併せ持ったサウンドに。

Specification

Neck : 1 Piece African Mahogany
Fingerboard : Indian Rosewood 305-400R (tapered)
Body Top : Hard Maple
Body Back : African Mahogany
Pickups : KTR Original
Nut : Non Remove Fat, Non Bleached Bone Nut
Scale : 625mm, 22F
Machine Head : Gotoh SD90-SL/N
Bridge : B-50/N
Tailpiece : Gotoh GE101Z/Ni
Controls : 2 Volume, 2 Tone, 3 pos Switch
Finish : Top Lacquer
Case : Original Semi Hard Case

Color Variation

  • Cherry Sunburst (CS)
  • Honey Burst (HB)
  • Lemon Drop (LD)
  • Gold Top (GT)
  • Black (BLK)