TOP > シンセサイザー|キーボード|ピアノ > テルミン > Electro-Faustus EF202 Theremorph Red

光学センサーを用いたテルミンのような操作で、パワーハウスシンセエンジンをコントロールできる個性的なシンセペダル。Electro-Faustus
EF202 Theremorph Red

  • 新品
  • 送料無料

ブランド : Electro-Faustus

取扱店舗

  • 渋谷店
  • 心斎橋店

店舗により展示状況が異なります。
店頭での現物の確認、試奏、購入をご検討される際の在庫確認は、お電話、またはメールにてご利用店舗へお問い合わせください。

商品の在庫について
売却時には迅速に商品情報の更新を心がけておりますが、在庫切れにより商品をご用意できない場合やメーカーよりお取り寄せとなる場合もございます。在庫状況や納期については「商品について問い合わせる」からお問い合わせください。

販売価格43,745円(税込)

数量
この商品について問い合わせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

トピックス

お店で買っても!WEBで買っても!今なら分割払いがお得!
ショッピングクレジット分割48回払いまで金利手数料0%!
期間限定 〜2022年8月31日まで

月々の支払い金額シミュレーションもできます!
くわしくはこちらをクリック

商品説明

Electro-Faustus EF202 Theremorphは、光学センサーを用いたテルミンのような操作で、パワーハウスシンセエンジンをコントロールできる個性的なシンセペダルです。

DCO(digitally controlled oscillator)とアナログウェーブシェイプ、ローパスフィルター、エンベロープ、LFOを組み合わせて様々な音色を作ります。

さらに、MIDIやアナログCV/Gateシグナルでシンセをコントロールしたり、MIDI、アナログCV/Gateアウトプットから外部シンセサイザーを操作することができます。

■特徴
・アナログウェーブシェイピング可能なDCO
・トランジスタラダーローパスフィルター
・エンベロープ、LFOモジュレーション
・MIDI、アナログ0-8V CV/Gateインプット/アウトプット

■コントロール
・PITCH/CONTROL:光学センサーで本体の音色のピッチをコントロールするか、MIDIメッセージのみを送信するかを選択します。送信するMIDIメッセージはウェブページから設定することができます。(PCと接続するためのMIDIインターフェイスが必要です。)

送信できるメッセージはNote、Pitch Bend、Mod Wheel CC、NRPNです。

・WAVEFORM:オシレーターの波形を切り替えます。スクエア、トライアングル、ソートゥースから選択できます。

・PULSE WIDTH:スクエアウェーブのパルス幅を調整します。他の波形選択時は無効となります。

・VOLUME:音量を調整します。

・OSC FREQ:オシレーターの最低周波数を設定します。ホールノートステップから設定します。MIDIを受信している時には何も起こりません。

・SENSOR RANGE:センサーのオクターブ番号を1〜8から選択します。ノブを右に回すほどセンサーの上部で反応する音程が高くなります。左に回すとセンサーの上部の反応域が狭くなります。左に回すほど、センサーに近い位置での音程が高くなります。

・VCF CUTOFF:ローパスフィルターのカットオフ周波数を設定します。

・VCF RES:フィルターのレゾナンスを調整します。高く設定すると自己発振します。

・LFO SHAPE:LFOの波形を選択します。反時計回り最小でランプ、中央でトライアングル、時計回り最大でソートゥースとなります。

・LFO RATE:LFOのスピードを調整します。

・LFO→FILTER MOD AMOUNT:LFOがフィルターカットオフをモジュレートする割合を調整します。反時計回り最小でモジュレーションしません。

・LFO→PITCHMOD AMOUNT:LFOがピッチをモジュレートする割合を調整します。反時計回り最小でモジュレーションしません。

・ENV→FILTER MOD AMOUNT:エンベロープボルテージがフィルターカットオフをモジュレートする割合を調整します。中央ではモジュレーションしません。中央から右の範囲ではエンベロープとモジュレートが同じ方向に、左の範囲ではモジュレートが逆方向になります。

・ENV→PITCHMOD AMOUNT:エンベロープボルテージがピッチをモジュレートする割合を調整します。中央ではモジュレーションしません。中央から右の範囲ではエンベロープとモジュレートが同じ方向に、左の範囲ではモジュレートが逆方向になります。

EF202 Theremorphは2.1mmバレルタイプセンタープラスDC9Vアダプターで駆動します。スタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターを使用するための極性変換プラグが付属しています。電池はご使用になれません。