TOP > REC|PA(ブランド別) > TASCAM > TASCAM TM-AR1

ボーカルレコーディングをはじめコンデンサーマイクに幅広く使用できるアコースティックコントロールフィルター。TASCAM
TM-AR1

  • 新品
  • 送料無料

ブランド : TASCAM

取扱店舗

  • 渋谷店
  • 心斎橋店

店舗により展示状況が異なります。
店頭での現物の確認、試奏、購入をご検討される際の在庫確認は、お電話、またはメールにてご利用店舗へお問い合わせください。

商品の在庫について
売却時には迅速に商品情報の更新を心がけておりますが、在庫切れにより商品をご用意できない場合やメーカーよりお取り寄せとなる場合もございます。在庫状況や納期については「商品について問い合わせる」からお問い合わせください。

販売価格16,830円(税込)

数量
この商品について問い合わせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

トピックス

お店で買っても!WEBで買っても!今なら分割払いがお得!
ショッピングクレジット分割48回払いまで金利手数料0%!
期間限定 〜2022年8月31日まで

月々の支払い金額シミュレーションもできます!
くわしくはこちらをクリック

商品説明

DAWレコーディングに最適なドライサウンドが、自宅でも。
ボーカルレコーディングをはじめコンデンサーマイクに幅広く使用できるアコースティックコントロールフィルター。

マイクを使ったレコーディングでは、音源からマイクに直接入る「直接音」と、音源から出た後部屋の壁面や天井で反射して戻ってきた後にマイクに入る「反射音」の2種類が録音されます。自宅とレコーディングスタジオではこの反射音の音質が大きく異なるため、同じセッティングで録音しても異なる音が録音されます。緻密な音響設計が施されたレコーディングスタジオでは良い反射音が得られ、これがそのスタジオの音の特徴となります。 一方で自宅は良い反射音を得ることが非常に難しい環境です。反射音の音質が悪い場合は、録音後に音が前に出にくい、リバーブなどの残響処理がしにくいといった弊害が出てしまいます。特に近年はDAWを用いて録音後に様々な編集やエフェクトを施すことは多いため、使いやすい音質で録音しておくことは非常に重要です。部屋の音響特性をルームアコースティックと呼びますが、良いルームアコースティックが得られない場合は、いかにドライな音質で録音しておくかが重要になります。 アコースティックコントロールフィルターTM-AR1は、マイクに入らずに通過した音を吸収し反射音を減らすだけでなく、反射してきた音がマイクに入ることを防ぎます。結果、直接音を中心とした音質になり、録音後の加工がしやすいドライな音質を得ることができます。 使い方は、マイクの周囲に設置するだけと非常に簡単。ボーカルレコーディングを中心に、管楽器やアコースティックギターのレコーディングなど、リードパートの録音で非常に有効です。手間をかけることなくDAW環境で使いやすいドライな音質を得ることができます。

▼ボーカルレコーディング
ボーカルトラックは楽曲の中でもメインパートとなるため、他のパートよりもクリアな音質にしておく必要があります。音が前に出ない要因は良くない反射音が混ざることで位相特性が悪化することによりますが、ドライな音質にすることで位相特性が良くなり、音が前に出てくる効果が得られます。また、リバーブやディレイなどの空間系エフェクトの効果もはっきりしてきます。

▼アコースティックギターレコーディング
アコースティックギター、特に楽曲の中のひとつのパートとしてアコースティックギターをレコーディングする場合は、適度に情報量を抑えた音質が適しています。このような場合は、マイクを1本にした上で、TM-AR1を立てることで音の情報量が減り、ミキシング時に使いやすい音質を得ることができます。

▼管楽器レコーディング
サックスやトランペットがリード楽器となる場合もボーカル録音同様です。よりシンプルなセッティングを好む場合は、iXRとiPadを使用した環境がお勧めです。iXRはUS-2x2同様に低ノイズのUltra-HDDAマイクプリアンプを搭載しています。

▼吸音材により直接音以外がマイクに入ることを防ぎ、自宅録音でも収録音をドライな音質に
マイクには、直接音と間接音の2種類の音が入ってきます。間接音は、音源から出た後に部屋の壁や天井で反射してきた音で、部屋の音響特性が大きく影響します。レコーディングスタジオではこれを踏まえた設計をしています。一方自宅で録音する場合、音響特性が考慮されていないため、反射音が音質に対して悪い影響を与える場合があります。TM-AR1 は吸音材によってこれらの反射音を吸収しますので、マイクに入る音は直接音を中心としたものになります。録音される音は間接音の少ないドライな音質となり、クリアでコントロールしやすいサウンドになります。

▼メタルパネルと吸音材によって音を吸収、反射
TM-AR1は5枚のパネルで構成されています。すべて同じ構造で、楕円のホールを複数持っているメタルパネルと、鋭角の吸音材によって構成されています。特に吸音材は、スタジオなどでルームアコースティックのコントロールに使われる遮音材と同様のもので、柔らかいフォームが音を吸収するだけでなく、その形状によってさらに音が跳ね返りにくい構造となっています。パネル外側からの音はパネルで反射されるか、吸音材で吸収されます。

▼折り畳み構造により収納に便利なだけでなく、演奏方法に合わせた設置が可能
5枚のパネルで構成されており、収納時は両側面のパネルを折りたたむことができます。この可動パネルはレコーディング時にも有効で、パネルの開きを抑えることでよりドライなサウンドにすることができます。一方、パネルの開き角を大きくすることで反射音が増えるため、パネルの開き角によって音質を調整することができます。

▼2 つの方法でマイクスタンドへの取り付けが可能(マイクスタンド別売)
マイクスタンドが 2 本用意できる場合は、背面のアタッチメントを用いてマイクスタンドに設置します。マイクスタンドが一本の場合は、付属のサポートバーとスライドバーによって取り付けます。より自由度が高く安定性の高い、マイクスタンド 2 本を使用した設置がお勧めです。

▼マイクの位置を変更できるスライドバーとマイクの大きさに合わせて選択できる2種類のサポートバー
スライドバーを使用する場合、バーの取り付け位置によってマイクの前後位置を調整することができます。
マイクの高さを調整するためのサポートバーも2種類付属。マイク、サスペンションの大きさによって使い分けます。長いサポートバーで設置してマイクがフィルターからはみ出てしまう場合は、短いサポートバーを使用してください。
TM-280のような大きいサイズのマイクとサスペンションを使用する場合は長いバーを使用し、TM-180のような中型・小型サイズのマイクとサスペンションを使用する場合は短いバーを使用します。

▼5/8〜3/8 変換アダプター付属
様々なマイクスタンドに対応できるよう、5/8 インチ-3/8 インチネジの変換アダプターが付属しています。お持ちのマイクスタンドにあわせて使用してください。

スペック

■取り付けネジ径:5/8インチ
■質量:3kg
■外形寸法:400(W)×320(H)×260(D) mm
■付属品:サポートバー(2種類)、スライドバー、5/8〜3/8変換アダプター

※RoHSに対応しています。
※仕様および外観は改善のため予告なく変更することがあります。