TOP > REC|PA(ブランド別) > Solid State Logic (SSL) > Solid State Logic (SSL) Fusion

5つのアナログツールを搭載した2U サイズの完全アナログアウトボードSolid State Logic (SSL)
Fusion

  • 新品
  • 送料無料

ブランド : Solid State Logic (SSL)

取扱店舗

  • 渋谷店
  • 心斎橋店

店舗により展示状況が異なります。
店頭での現物の確認、試奏、購入をご検討される際の在庫確認は、お電話、またはメールにてご利用店舗へお問い合わせください。

販売価格308,275円(税込)

数量
この商品について問い合わせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

トピックス

お店で買っても!WEBで買っても!今なら分割払いがお得!
ショッピングクレジット分割48回払いまで金利手数料0%!
期間限定 〜2021年11月30日まで

月々の支払い金額シミュレーションもできます!
くわしくはこちらをクリック

商品説明

Fusionは、いまのハイブリッドスタジオに向けて生み出された2Uサイズの完全アナログアウトボードです。
新たに設計された5つのアナログツールを搭載し、ステレオミックスバスやステムの音色への色付けや重み付け、空間の付加といった機能を、アナログ回路でしか成し得ない柔らかさと繊細さで実現します。

SSL固有のサウンドは、歴代のスタジオアナログコンソールに搭載されていた、クリアなマイクプリ、クラシックなEQとダイナミクス、定番となったステレオバスコンプレッサーとリッスンマイクコンプレッサー、そしてサミングバスといったSSLのユニークなアナログプロセッシングツールによって成り立っています。
Fusionは、比類ないサウンドキャラクターと多様に使えるアナログプロセッシングツールセットによってSSLサウンドを新しい時代へと導きます。 ハイブリッドスタジオのオーナーのサウンドパレットを拡張し、またSSLのステレオバスコンプレッサーの最高のパートナーともなります。

Fusionの5つのアナログプロセッサーは個別にでも組み合わせても使用できます。

《Vintage Drive》
ノンリニアなハーモニクスエンハンス回路はあなたのミックスを力強くまとめることができます。 ドライブとデンシティーのコントロールは響きの飽和とアナログ回路がオーバーロードすることで起きるソフトコンプレッションとの相関を制御し、飽和感の解消からハードなディストーションの付加までをサウンドメイクします。

《The Violet EQ》
位相の変化を最小限に抑えた2バンドのシェルビングEQです。SSLの新しいアナログEQは、25年以上に渡るSSL伝統の音楽的で直感的な周波数域とレスポンスカーブから、ローエンドのウェイトとハイエンドの輝きをクイックにコントロールできるように作られました。ハイとローの周波数は4つのポイントと±9dBのアッテネーションを装備しています。

《HF Compressor》
アナログ領域で高い周波数の音を明確にします。このコンプレッサーは高域成分にしか影響せず、スムーズかつクリアに高周波の荒れを減衰させ、不安定な高周波帯域をアナログテープのようなロールオフで生き生きとさせます。

《Stereo Image》
エンハンサーは、サイドシグナルを操作できる真正のアナログ・ミッドサイド回路です。ステレオのフィールドの拡張と空間操作を実現します。

《Transformer》
専用設計のSSLトランス回路は、繊細な低周波域の彩度を高周波域の位相シフトと同時にもたらします。低域を厚くし高域を輝かせることができます。


SSLは、様々な制作のワークフローを理解し、その流れを加速させるスタジオインテグレーションを実現するための機能と接続性を持つ製品を出し続けています。
Fusionは、スタジオワークに欠かせない基本的な機能群、例えば±12dBの入力トリムと出力トリム、入力レベルオーバーロードインジケーター、ピークホールドメータリング、3つのカットオフ周波数をセレクトできる3次 ハイパスフィルター、ヴィンテージドライブとHFコンプレッサーに3色LEDによるステータス表示を装備しています。

1セットのXLRコネクターはステレオミックスバスのインサートプロセッシングとして、あるいはミッドサイド回路を通してステレオシグナルのセンターやサイドにコンプレッサーやEQを通すことができます。 ステレオインサート モードでは、インサートポイントはヴァイオレット EQ の手前にも切り替えでき、MSモード(Mid-Side Mode)では インサートポイントはステレオイメージコントロールの手前に入れることができます。入出力コネクターはXLRとなっています。