TOP > エフェクター > ギター用エフェクター > オーバードライブ > Jimmy Quartett. RED EDITION / DISTORTION

ギター用エフェクターとしては珍しい、「ブレンド回路」を搭載したドライブペダルです。Jimmy Quartett.
RED EDITION / DISTORTION

  • 新品

Jimmy Quartett.

取扱店舗

  • 渋谷店
  • 高崎店
  • 心斎橋店
  • 京都店
  • 福岡店

店舗により展示状況が異なります。
店頭にてご購入や試奏をご検討される際の在庫確認は、ご利用店舗へお電話、またはメールにてお問い合わせください。

販売価格38,880円(税込)

[ 送料パターン :小型 ]

数量

Share On

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
この商品について問い合わせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

商品説明

音楽プロデューサー 松隈ケンタ氏監修によるJimmy Quartett.
真空管アンプとエフェクターの良さを最大限に生かすをコンセプトとしたエフェクター。

RED EDITIONはややファズに近い荒々しく、そしてブリっとしたハイゲインディストーションサウンド。
ゲインをアップするほどに溢れだす倍音感に加えて、粘り強いドライブからそのサウンドの良さが伺えます。
フルアップしたこのドライブサウンドにクリーンが混ざることにより、分離感の良さとキレ、そして音圧感がプラスされます。
倍音感溢れるドライブの下から響いてくるクリーンサウンドがより、リードサウンドでは太さと抜けを。
バッキングではキレと張りのあるサウンド、コードストロークでは分離感のあるサウンドとパワフルでありながらも
しっかりと存在感を表してくれるディストーションとなっています。
原音のミックスサウンドもしっかりとしていますので、ベースにもおすすめです。
スラップ時のアクセント的な使い方もできますし、派手に歪ましても原音がしっかりと出ますので、芯のあるドライブサウンドが可能です。
ベースでここまで派手にドライブをさせて存在感を出せるドライブはそうないでしょう。

サウンドメイキングの方法としてはブレンドコントロールが左に振り切った状態の場合はオンにしても、
スルーのサウンドのみとなります。
トーンコントロールはドライブに効いていますので、この状態ではオンにしていてもスルーのサウンドとなっています。
一旦ブレンドノブ右に回し切った状態で、ドライブサウンドを作り、そこからまた左に回し切り、そこから徐々にブレンドを上げていき、好みのブレンド具合で止めるのがメイキングとしてはわかりやすい方法であると思います。

コンセプトの通り、アンプ、エフェクター、そしてギター、ベースのサウンドを最大限に活かすディストーション。
音圧感溢れるパワフルなディストーションをお求めの方にはお勧めのペダルです。