TOP > エフェクター > ギター用エフェクター > Catalinbread Dirty Little Secret Deluxe

人気のDirty Little Secretがさらに進化。Catalinbread
Dirty Little Secret Deluxe

  • 新品
  • 送料無料

ブランド : Catalinbread

取扱店舗

  • 渋谷店
  • 心斎橋店

店舗により展示状況が異なります。
店頭での現物の確認、試奏、購入をご検討される際の在庫確認は、お電話、またはメールにてご利用店舗へお問い合わせください。

商品の在庫について
売却時には迅速に商品情報の更新を心がけておりますが、在庫切れにより商品をご用意できない場合やメーカーよりお取り寄せとなる場合もございます。在庫状況や納期については「商品について問い合わせる」からお問い合わせください。

販売価格49,500円(税込)

数量
この商品について問い合わせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

トピックス

お店で買っても!WEBで買っても!今なら分割払いがお得!
ショッピングクレジット分割48回払いまで金利手数料0%!
期間限定 〜2024年8月31日まで

月々の支払い金額シミュレーションもできます!
くわしくはこちらをクリック

商品説明

Catalinbread Dirty Little Secret Deluxeは、ブリティッシュアンプシミュレーションの次のステップです。ブリティッシュサウンドを高次元に再現するペダルとして人気のDirty Little Secretのプリアンプ回路を超え、アンプ全体のサウンドを本格的に再現します。Dirty Little Secretの回路は全体的にアップグレードされ、フェーズインバーター、パワーアンプシミュレーター、アウトプットトランスに加え、操作性も高められています。
Super LeadとSuper Bassを切り替えるスイッチはいつでも操作することができるようになり、メイン回路から独立して使用できる“クリーンなDLS”ブースト回路を追加しました。ブーストとDLSは内部スイッチで接続順を切り替えることができます。
ブーストを前段に設置してアンプをプッシュするように使ったり、ブーストを後段に設置してアンプサウンドをさらにラウドにすることができます。内部には新しいTightnessコントロールがあり、サブベース領域を抑えて明瞭にしたり、ローエンドを完全にカットしてスラッシュメタルトーンを作ることができます。
新たに追加されたLineアウトプットは、ミキサーやDAWなどに出力することを念頭とした+10dB出力が可能です。

Dirty Little Secret Deluxeは、アンプヘッドを構成するすべてを再現しています。プリアンプ、フェーズインバーター、パワーアンプシミュレーター、アウトプットトランスまで備えたオールディスクリート回路です。クリーンなブリティッシュアンププリアンプをモデルにしたブーストを加え、完全な“アンプ・イン・ア・ボックス”に仕上がりました。

■コントロール
・Master:ペダル全体の音量を調整します。時計回りで音量が大きく、反時計回りで小さくなります。エフェクトOFF時より少しだけ音量が上がる程度に調整すると扱いやすくなります。このノブは多くのアンプのマスターボリュームとは異なり、回路の最後ではなくフェイズインバーターとアウトプットトランスの前に設置されます。アウトプットステージはインプットサチュレーションの影響を受けにくいよう設計されているので、Masterを上げたからといって音色が大きく変わるわけではありませんが、特に常時ONのような使い方をすると、穏やかなコンプレッションが存在することに気づくかもしれません。

・Preamp:歪みの強さを調整します。時計回りで歪みが強く、反時計回りで弱くなります。音量や音色にも影響します。

・Presence:音色のトップエンドを微調整します。強力なローパスフィルターで、最小に設定すると1.59kHz以上を3dB減衰させます。高く設定するとカットオフポイントが高くなります。

・Treble、Middle、Bass:これらのコントロールはクラシックなブリティッシュアンプのトーンスタック値で、オリジナルアンプと同じように動作します。トースタック回路は全体がパッシブ動作です。つまり、3つのノブはどれも12時位置がフラットではありません。実際の音色に合わせて調整します。

・Boost Vol:このブースト回路は、実際にはDLS自体を構成する真空管エミュレーションの構成要素です。ブーストを前段に設置してONにすると、デバイスのインプット部に追加されたプリアンプチューブのように動作し、“900”のトーンに近くなります。高く設定しても明瞭さを損なわずにブーストすることが出来ます。

・SL/SBスイッチ:SL(Super Lead)とSB(Super Bass)の音色を切り替えます。中高域が強調されたトーンのSLモードと、中低域が強調され、スムースでスモーキーなSBモードを切り替えることができます。

■内部コントロール
・Tightness:演奏したいジャンルによって、アンプにタイトさを求める場合があります。一般的にタイトと呼ばれるのは、実際には軽いハイパスフィルターを通した低域の減衰です。このハイパスフィルターはトリムポットを下げたときにはなにもカットせず、最大で230Hz付近までカットすることができます。

・Effect Order:このスイッチは、ブーストとDLSの接続順を切り替えます。ブーストを前段に設置すると、ブーストが追加のゲインステージとして動作し、アンプサウンドを飽和させることができます。後段にブーストを設置するとブーストをアンプのゲインカプラーとして使うことができます。特にブーストを後段に設置している場合、アンプに接続する際はBoost Volを低い位置から徐々に上げて音量を調整してください。
アンプをブーストしたトーンを嫌う人は少ないと思います。2つのゲイン生成デバイスを結合し、1つ目のレベルによって2つ目の歪みが制御されるスタッキングを可能とするため、出荷時にはブーストはDLSの前段に設定されています。ブースト自体がクリーンなブリティッシュプリアンプをベースとしているので、ブーストを組み合わせることでブーストされた“800”や“900”のトーンを作ることができます。

■Lineアウトプット
Lineアウトプットはダイレクトレコーディングやミキサーに送るための+10dBアウトプットです。通常のアウトプットとLineアウトプットに同時に接続して、同時に出力することができます。Lineアウトプットは、エフェクトOFF(ドライシグナル)も+10dBにブーストされることに注意してください。

また、通常のアウトプットとLineアウトプットを分割したことにより、このペダルにはシグナルの完全性を維持するためのアウトプットバッファが装備されています。Dirty Little Secret Deluxeはバッファードバイパスとなります。

■電源
Dirty Little Secret Deluxeは9VのセンターマイナスDCアダプターで動作します。電池はお使いになれません。消費電流は7mAです。

■デザイナーより
ギタリストの中で、“プレキシ”アンプ自体やそれが使用された楽曲に魅了されていない人はいるのでしょうか?統計を取ったわけではありませんが、少なくとも私は見たことがありません。

歴史的なブリティッシュアンプを使用して録音されたアルバムすべてを挙げるのは難しいことですが、『In Utero』と『Drive Like Jehu’s Yank Crime』は、特に気に入っているギターフルアルバムで、前者はプレキシ、後者は800が使用されていました。かつて両親のベッドの上で飛び跳ねながら、ポリスのシンクロニシティLPをかけてほしいと言ったことを今でも覚えています。BlurのParklifeは初めて自分で買ったカセットアルバムでした。サマーズとコクソンはどちらも悪名高いプレキシ奏者で、世にある無数のプレキシを使用したアルバムの中でも、これらのアルバムは特に私の音楽的好みを形作ったと思います。

現在のDirty Little Secretは、それまでの3回にわたるアップデートにより高度に洗練されています。現在のDirty Little Secretのバージョンが発売されたとき、私はCatalinbreadではなくProGuitarShopで働いていました。発売当時の驚きは今も覚えています。当時ProGuitarShopにいたアンディはすぐに特別なデモビデオを撮影しました。そして回路を確認し、部品から音の可能性を最後の一滴まで引き出すため、すべてのことが行われていることが分かりました。この素晴らしいブリティッシュアンプペダルにどのように足を踏み入れ、超えることができるのでしょうか。

結局、Dirty Little Secretをプリアンプスタイルのまま改良を加えるのは難しいため、アンプとして考えたときに何が違うかを考えました。Dirty Little Secretは素晴らしいブリティッシュアンプペダルですが、アンプではありませんよね。

そして、Dirty Little Secret Deluxeには、アンプライクペダルをアンプにさらに近づけるため、アンプを構成するコンポーネントを追加することにしました。MOSFET駆動のフェーズインバーター、パワーアンプシミュレーターに加え、シグナルにほんの少しの“鉄分”を加えるアウトプットトランスも搭載しています。DLSプリアンプセクションを元にしたブースターを追加すると、まるで6チャンネルアンプのように使うことができるようになります。ブースターのみをONにするとブリティッシュクリーンとなり、DLSだけをONにすればクランクアップされたプレキシ、両方をONにすると、現代的なJCMトーンになります。それぞれにSBとSLモードがあります。

その結果、プレキシプリアンプのすべての“唸り声”が、アンプの持つ軽いコンプレッションとSAGとともに得られます。これこそ、本当のプレキシの体験です。この回路に、私はこれまで取り組んだどの回路よりも時間をかけました。そして、多くの方がこのペダルを気に入っていただけると確信しています。

スペック

■種類:オーバードライブ、ディストーション
■アダプター:センターマイナスDC9V
■電池駆動:-
■コントロール:Master、Preamp、Presence、Treble、Middle、Bass、SL/SB、Boost Vol、Tightness、Effect Order