TOP > エフェクター(ブランド別) > DSM Noisemaker > DSM Noisemaker Sub Atomic

ベースサウンドの高域と低域を切り分け、個別に処理を加えることが可能なベースオーバードライブ。DSM Noisemaker
Sub Atomic

  • 新品
  • 送料無料

ブランド : DSM Noisemaker

取扱店舗

  • 渋谷店
  • 心斎橋店
  • 京都店

店舗により展示状況が異なります。
店頭での現物の確認、試奏、購入をご検討される際の在庫確認は、お電話、またはメールにてご利用店舗へお問い合わせください。

販売価格22,085円(税込)

数量
この商品について問い合わせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

トピックス

お店で買っても!WEBで買っても!今なら分割払いがお得!
ショッピングクレジット分割48回払いまで金利手数料0%!
期間限定 〜2020年11月30日まで

月々の支払い金額シミュレーションもできます!
くわしくはこちらをクリック

商品説明

ベースサウンドの高域と低域を切り分け、個別に処理を加えることで自在にベースサウンドをコントロールできるオーバードライブです。
ミッド〜ハイにはアグレッシブなディストーションを、ローエンドにはクリーンでタイト、暖かなドライブをかけることができます。
さらにクリーンブレンドも備えています。
CMOSアーキテクチャーを直列で使用し、ハイクオリティかつ高い演奏性を持つベースサウンドを実現します。

HIGHサイド(中〜高域)にはDRV GAINコントロールを備え、きらびやかなクリーンからグラインドなベーストーンまでをカバーします。
DRIVE VOICINGスイッチでハイブースト、ミッドブースト、フラットの3タイプの周波数特性を選択できます。
SUBライン(低域)はSUB LPFスイッチで100Hz、1kHz、またはカットオプションなしの3タイプのローパスフィルターを選択でき、ローエンドをどこで切るかを選択できます。
例えば、SUB LPFを100Jzに設定し、DRIVE VOICINGをハイブーストに設定すればミッドが削られたモンスタートーンとなります。
SUB LPFを1kHzにすればCMOSによる真空管ライクなトーンがモータウンサウンドを作ります。
BLENDコントロールでクリーンをブレンドすることで、歪んだ高域からクリーンな低域までを完全にバランスすることができます。
さらにTONEコントロールでトップエンドをスムースにすることができます。

【コントロール】
●TONE:トップエンドを調整します。
●DRV GAIN:中〜高域の歪みの強さを調整します。
●DRIVE VOICING:左からミッドブースト、ハイブースト、フラットの特性を選択します。
●MASTER:全体の音量を調整します。
●BLEND:クリーントーンをミックスします。
●SUB LPF:ミックスされる低域を左から100Hz、LPFなし、1kHzから選択します。
●Sub AtomicはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。

スペック

●アダプター:9Vセンターマイナス
※電池は使用できません。