TOP > DTM|REC|PA > Manley Laboratories MASSIVE PASSIVE STEREO TUBE EQ Mastering Version

マスタリング用としてカスタマイズされたフィルターを装備したモンスターイコライザーManley Laboratories
MASSIVE PASSIVE STEREO TUBE EQ Mastering Version

  • 新品
  • 送料無料

ブランド : Manley Laboratories

取扱店舗

  • 渋谷店
  • 心斎橋店
  • 京都店

店舗により展示状況が異なります。
店頭での現物の確認、試奏、購入をご検討される際の在庫確認は、お電話、またはメールにてご利用店舗へお問い合わせください。

販売価格748,000円(税込)

数量
この商品について問い合わせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

トピックス

お店で買っても!WEBで買っても!今なら分割払いがお得!
ショッピングクレジット分割48回払いまで金利手数料0%!
期間限定 〜2020年8月31日まで

月々の支払い金額シミュレーションもできます!
くわしくはこちらをクリック

商品説明

30周年記念モデルのReference Cardioid Microphoneで本格的に導入された新しい電源回路、MANLEY POWER®を新たに搭載。
今までのモデルに比べて大幅にノイズが抑えられており、またいずれの電圧環境でも動作するため、今までの様に電圧仕様を指定する必要がなくなりました。

Massive Passive はパッシブ設計であり、真の意味での「パラメトリック」ではありません。
パラメトリックEQのコントロールは相互作用することはありませんが、Massive Passive の "GAIN" と "BANDWIDTH" は(あえて)作用し合うようになっています。
このため私たちは "GAIN" を一貫した1/2ステップ刻みのスイッチにすることはできませんでした - これは "BANDWIDTH" を変更した際に、そのステップサイズも変化するためです。

通常バージョンの Massive Passive では、ベルモードでバンド幅を時計回りに回しきった(最も狭くした)際、あるいはシェルビングモードでバンド幅を反時計回りに回しきった際にのみ、最大 20 dB ブーストまたはカットを行うことができます。

一方、マスタリングバージョンでは最大のブースト/カット量は 11 dB となります。
逆の設定をした場合、ベルモードのバンド幅最大時のブースト/カット量は 6 dB で、最も狭いシェルビングモードのバンド幅では 12 dB になります。
同じことが "BANDWIDTH" の設定にも言えます。つまり、このマスタリングバージョンでは目盛通りの確実なdB設定を期待してはいけません(これはバンド幅によって変化するためです)。
ただし、いかなるステップ幅であろうと、これは16ステップ式スイッチになっているため、(記録を取ってさえいれば)設定の確実な再現が可能です。
"FREQUENCY" 設定もステップ刻みになっており、シェルビングモードでは相互作用が起きます。

同じく注意すべき点として、Massive Passive は「パラレル設計」であり、従来の直列設計ではありません。
このことは、各バンドが作用し合うことを意味しています。
例えば、ある帯域を 20 dB ブーストし、別のバンドで同じ、あるいは近い周波数を選んでブーストを行った場合、その部分の音量はほんのわずかしか持ち上がりません。
通常の「直列」仕様のEQで同じことを行った場合、その帯域は 40 dB ブーストされ、信号過多となります。
つまり、バンドの周波数設定が作用し合うため、ステップサイズによる効果を予測するのは現実的ではありません - 良いサウンドのEQ処理が行えた時にパネルの状態を見てみると、もしかすると通常のEQでは見られないような設定になっている場合もあるかもしれません。

Massive Passive は他のどのEQとも異なり、EQを施した際のいわゆる「処理感」はあまりしません。
つまり、5 ~ 6 dB 程度の設定においても、他のマスタリングEQより積極的に扱うことができるのです。
思っている以上にイコライジングを施しても自然な結果を得ることができるので、熟練したエンジニアでさえも驚くほどです。
開発初期の段階では11ポジションの Grayhill スイッチを導入し、1/2ステップにすることも考えられましたが、それでは最大で 5.5 dB しか得ることができません。
前述の説明を思い出してください。この場合最小レンジが 1.5 dB となり、ステップサイズはおよそ 0.2 dB になります。
なお、このマスタリング・バージョンでは、特別に設計された精密なステップ式ノブが採用されています。
設定を完璧に再現することができるのが Massive Passive マスタリング・バージョンの特徴のひとつです。

マスタリング・バージョンのマスターゲイントリムは、11ポジション、1/2 dB ステップの Grayhill スイッチを使用し、-2.5 ~ +2.5 dB の範囲で正確に設定できます。
これにより左右のレベルマッチングを精密に行うことが可能です。

また、マスタリング・バージョンでは言葉通り「マスタリング用」としてカスタマイズされたフィルターを装備しています。
もし、電話音のようなドラスティックな効果を求める場合には、通常バージョンの Massive Passive をお勧めします。

■ローパスフィルター
15 kHz、20kHz、27kHz、40kHz (18 dB / octave)
52kHz (30 dB / octave)
OFF
■ハイパスフィルター
12, 16, 23, 30, 39 Hz (18 dB / octave)
OFF

通常バージョンかマスタリングバージョンかを決めかねている場合、まずは通常版の Massive Passive を実際のセッションでお試しになられることをお勧めします。
なお、これまで経験したEQを想像しないでください。とくに Massive Passive をこれらの代替え品として考えるのは完全に間違っています。
お試しいただければ、すぐにこの意味がお分かりになるでしょう。

既存の通常バージョンを後からマスタリング・バージョンへ改造することはできません。
その逆もしかりです。

スペック

■バランスXLR入力(アンバランス接続対応)
■バランスXLR出力(アンバランス接続対応)
■定格入力レベル : +4 dBu(内部スイッチで-10に変更可能)
■バイパススイッチ : EQと真空管回路をバイパス(ハードワイヤーではありません)
■44段階の周波数設定(およそ1/4オクターブステップ)
■周波数範囲 : 22 Hz ~ 27 kHz
■EQブーストカット範囲 : ± 20 dB(マスタリング・バージョンは、± 11 dB)
■Q : 1.5 ~ 3(シェルビングモード時は特別作用をもたらします)
■最大出力
+ 37 dBv @ 1.5% THD
+ 26 dBv @ 20 Hz
■周波数特性 : ± 2 dB @ 8 Hz ~ 60 kHz
■THD +N : 0.06% 以下 @ 1 kHz サイン波形、+ 4 dBu
■ノイズ : -85 dB @ + 4 dB、A-Weighted
■ダイナミックレンジ : 120 dB
■マスタリング・バージョン真空管
12AU7 x2、6414 x4
■電源消費 : 72W(120 / 240 VAC)
■動作電圧 : 100V、120V、220 ~ 240V @ 50 / 60 Hz(出荷地域に合わせた電源オプション設定*)

*電源に関して
基本的に国内出荷分は100V仕様になりますが、スタジオ環境に合わせて米国と同じ117V仕様に変更することも可能です。オーダー時にお申し付けください。
(注:本製品はマルチボルテージでありません、電圧は必ず合わせてお使いください。)

※仕様は予告なく変更となる場合があります。

メーカー在庫が欠品している場合、納期に1ヶ月ほどお時間をいただきます。
詳しくはお問い合わせください。