TOP > エフェクター > ベース用エフェクター > SOURCE AUDIO SA251 ULTRAWAVE BASS

入力信号を複数の周波数帯域に分割し個別にエフェクトを設定するマルチバンド処理によりエフェクトの限界領域をはるかに超えたULTRAサウンドを生み出すペダル。SOURCE AUDIO
SA251 ULTRAWAVE BASS

  • 新品
  • 送料無料

ブランド : SOURCE AUDIO

取扱店舗

  • 渋谷店
  • 心斎橋店

店舗により展示状況が異なります。
店頭での現物の確認、試奏、購入をご検討される際の在庫確認は、お電話、またはメールにてご利用店舗へお問い合わせください。

販売価格34,100円(税込)

数量
この商品について問い合わせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

トピックス

お店で買っても!WEBで買っても!今なら分割払いがお得!
ショッピングクレジット分割48回払いまで金利手数料0%!
期間限定 〜2021年8月31日まで

月々の支払い金額シミュレーションもできます!
くわしくはこちらをクリック

商品説明

イマジネーションを強烈に刺激するULTRA BOX。

・限りなくなめらかなクリーンコンプ。
・ヴァリエーション豊かなディストーション。
・シンセサイザーレベルの過激なエフェクト。

ULTRAWAVE / ULTRAWAVE BASSは、入力信号を複数の周波数帯域に分割し個別にエフェクトを設定する “マルチバンド処理” というシンセサイザー的手法を中核として、単なるドライブ/トレモロペダルに留まらず、エンベロープやLFO、ステレオ入出力による複数のルーティングオプションを組み合わせることで、エフェクトの限界領域をはるかに超えたULTRAサウンドを生み出します。

・マルチバンド処理:ULTRAWAVEは37タイプのバンドスプリットオプションにより、入力信号を最大10の周波数帯域に分割可能です。入力信号を複数の周波数帯域に分割し、各周波数帯域のゲインとレベルを個別に設定することで、リッチでシンセサイザーライクなユニークサウンドをクリエイトすることができます。10バンドの他に2、3、4、8バンドがあり、それぞれ異なるバンドスプリットオプションが用意されているため、様々な楽器の周波数帯にマッチング可能。また、周波数を分割しなければ従来型ディストーションやファズとして機能します。

・コンプレッサー/エキスパンダー:コンプレッサーは、Input Gain、Threshold、Ratio、Attack、Release、OutputGainを、エディター上のグラフィックモニターで確認しながら微調整することができます。デュアルチャンネル機能によって特定の周波数帯域を個別に圧縮でき、ディストーションブロックの前後いずれかに配置することができます。

・ディストーションタイプ:トラディショナルなディストーションタイプから、SOURCE AUDIOのチーフエンジニア、Bob Chidrawが考案した無限の可能性を秘めたFoldbackディストーションまで、44種類のディストーションタイプがライブラリー化されてます。

・マルチバンドトレモロ:各バンドに個別のディストーションを設定できるだけでなく、ULTRAWAVEは各バンドに個別のトレモロ効果を設定することが可能です。全バンドのトレモロ効果は同じマスターLFOでコントロールされますが、各バンドの位相(スタートポイント)は個別に設定できます。設定パターンはプルダウンメニューであらかじめ設定されたプリセットから選択できます。

・LFO:マルチバンドトレモロをコントロールするLFOは、“Sine”(正弦波)とユーザーが自由に設定できる “Attack/Release” 波形から選択することができます(Single Tremoloは “Sine” のみです)。LFOの波形は “Attack”、“Release”、“Shape”、“On Time” の相互作用によりダイナミックに変化します(“Sine” を選択した場合、 “Attack”、“Release”、“Shape”、“On Time” は機能しません)。

・EQ:モーフィングに対応した8バンドEQとローパス/ハイパスフィルターです。ULTRAWAVEの最終的なトーンシェイプを調整し、チャンネル、プリセットごとにオン/オフの設定をすることができます。

・モーフィング:ディストーションブロックとグラフィックEQで2パターンの設定をして、それらをシームレスに切替えるユニークな機能です。切替えにはLFO、エンベロープ、外部機器(エクスプレッションペダルなど)を使用します。

・エンベロープ:感度と反応速度のシンプルな2コントロールエンベロープでモーフィングをコントロールします。

・ステレオインプット/アウトプット:全く異なるプリセットを作成し、シリーズ/パラレルでのルーティングや、別々のアウトプットから出力させることが可能です。ステレオオプションはマルチバンドトレモロにも適用されます。チャンネル1/2同期オプションもしくはフェイズオフセットコントロールを使用して、ステレオピンポンやトレモロエフェクトを作成します。

■Neuro Desktop Editor & Neuro Mobile App
Neuro Desktop EditorとNeuro Mobile Appは無料でダウンロードできるアプリケーションです。ULTRAWAVEのノブではアクセスできないパラメータにアクセスできます。Neuro Mobile Appを使うためには、同梱されている 1/8″-1/4″ TRSケーブルをモバイル・デバイスのヘッドフォンジャックからinput2へ接続して下さい。Neuro Mobile Appを使う際、使うデバイスのヘッドフォン・ボリュームはMAXに設定して下さい。
ULTRAWAVEではNeuro Appを用いることで以下の機能が利用できます。

・ノブでは操作できないパラメーターを操作できます。
・作成したエフェクトはユーザープリセットとして保存でき、またNeuroのユーザーコミュニティーにシェアすることが可能です。
・SOURCE AUDIOのライブラリから、フリーのエフェクトプリセットを探し、ダウンロードできます。



スペック

■電源:9VDCセンターマイナス / 2.1mm
■最大入力レベル:+6.54dBV
■出力レベル:+6.54dBV
■インプットインピーダンス:1MΩ
■アウトプットインピーダンス:600Ω
■寸法 / 重量:11.4cm(縦) x 7cm(幅) x 5.1cm(高さ/ノブ含む) / 280g
■付属品:
 9VDCアダプター(300mAセンターマイナス)
 1/8"-1/4" TRSケーブル
 USBケーブル(USB A – USB Mini B)
■その他:110 dB DNR Audio Path、24-bit Audio Conversion、56-bit Digital Data Path、ユニバーサルバイパス(リレーベーストゥルーバイパス及びアナログバッファードバイパス)
■別売り:Neuro Hub:SOURCE AUDIOのOneシリーズ、及びSoundblox2シリーズを最大5台までNeuro Hubに同時接続でき、シーンとして128プリセットまで保存可能です。シーンはMIDIプログラムチェンジメッセージにより呼び出す事ができます。