TOP > エフェクター > アコースティック・ギター用エフェクター > Free The Tone PHA-1 PHASE ANALYZER

音の位相を把握し、さらに一歩進んだ音作りの世界へ誘う位相チェッカーFree The Tone
PHA-1 PHASE ANALYZER

  • 新品
  • 送料無料

ブランド : Free The Tone

取扱店舗

  • 渋谷店
  • 心斎橋店
  • 京都店

店舗により展示状況が異なります。
店頭での現物の確認、試奏、購入をご検討される際の在庫確認は、お電話、またはメールにてご利用店舗へお問い合わせください。

販売価格30,800円(税込)

数量
この商品について問い合わせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

トピックス

お店で買っても!WEBで買っても!今なら分割払いがお得!
ショッピングクレジット分割48回払いまで金利手数料0%!
期間限定 〜2020年11月30日まで

月々の支払い金額シミュレーションもできます!
くわしくはこちらをクリック

商品説明

ライブ演奏やレコーディングにおいて、音の「位相」は非常に重要です。
同じ周波数で、同じ位相同士の信号を加えると、信号のレベルが上がります。
逆に同じ周波数で、逆の位相の信号を加えると、信号同士が打ち消しあい、信号のレベルが下がります。
この特性があるため、音が打ち消し合わないように、ドラムのキックに対して、同じ位相でギターやベースの音を出力することが基準となります。
しかしエフェクターの組み合わせ、アンプのチャンネルによっては、逆相で出力することがあり、意図せず音が打ち消しあっている場合があります。
ワウやコンプレッサーなど、あえて逆相を利用して音作りする場合もありますので、必ずしも逆相が悪いというわけではありません。
位相を把握し、正相か逆相かをコントロールすることで、さらにハイレベルなサウンド作りが可能となります。PHASE ANALYZER は、ARC-4と組み合わせて使用することで、簡単に現在のエフェクターの組み合わせが正相なのか逆相なのかを測定することができます。
ARC-4には、位相を反転させるフェイズインバート機能が備わっていますので、逆相を正相に、または正相を逆相にして信号を出力することができます。PHASE ANALYZERで音の位相を把握し、さらに一歩進んだ音作りの世界を体感してください。

<特徴>
■PHASE ANALYZERでは、2種類の位相測定が可能。
・リピート測定モード : 機器を通過したテスト信号を解析し、正相か逆相かを判断します。一般的なアナログエフェクターだけでなく、フェイザーやコーラス、ディレイなど遅延素子を使用したエフェクターや、AD/DAコンバーターやDSPなどを使用し、出力に遅延が発生するエフェクターなどの位相も測定することができます。
・コンティニュアス測定モード:出力したテスト信号と同じタイミングの時間の波形を比較し、位相解析を行います。
■ ARC-4とRC-7ケーブル(別売)を組み合わせて使用すると、ARC-4に入力された信号レベル、もしくはARC-4から出力する信号レベルを表示することができます。
■ 本体のディスプレイに、入力された信号の波形を表示することができます。
■ DC9VからDC12Vまでの外部電源や9Vバッテリーに対応しています。

スペック

■端子 : TEST SIGNAL OUT端子、ANALYZER IN端子、DC9-12V INジャック、DIN7pin、OPTION-2端子
■電源 : ACアダプター、電池(9V形006P型)
■消費電流 : DC9V動作時 約52mA
■110(W) x 53(D) x 46(H)mm (ノブやスイッチなどの突起物を含む)
■重量 : 約230g
■付属品 : 保証書、取扱説明書、電池(9V 形006P 型)