TOP > エフェクター > ギター用エフェクター > meris Enzo -Multi Voice Instrument Synthesizer-

EnzoはTerry RileyやJoe Zawinul, Bangelisのようなシンセサイザー・パイオニア達のサウンドにインスパイアされたマルチボイス・シンセサイザーペダルです。meris
Enzo -Multi Voice Instrument Synthesizer-

  • 新品
  • 即日発送
  • 送料無料

ブランド : meris

取扱店舗

  • 渋谷店
  • 心斎橋店

店舗により展示状況が異なります。
店頭での現物の確認、試奏、購入をご検討される際の在庫確認は、お電話、またはメールにてご利用店舗へお問い合わせください。

販売価格37,950円(税込)

数量
この商品について問い合わせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

トピックス

お店で買っても!WEBで買っても!今なら分割払いがお得!
ショッピングクレジット分割48回払いまで金利手数料0%!
期間限定 〜2020年1月31日まで

月々の支払い金額シミュレーションもできます!
くわしくはこちらをクリック

商品説明

EnzoはTerry RileyやJoe Zawinul, Bangelisのようなシンセサイザー・パイオニア達のサウンドにインスパイアされたマルチボイス・シンセサイザーペダルです。
重厚なオシレーターシンセのサウンドを軸にマルチ・ピッチ検出機能がコードワーク、単音リード、ピッチベンド等、様々な奏法に的確にトラッキングします。
Enzoは今までのシンセサイザーペダルとは一線を画す機能性を持っています。

Signal Flow...
Enzoはシンセサイザーエンジンはポリフォニック、モノフォニック、アルペジエーター、ドライの4モードを持っています。
オシレーター音はフィルターセクション(6タイプから選択可能)を通り、最終段に名機、CS-80にインスパイアされたリングモジュレーターと濃密な2タップディレイが搭載されており、音作りの自由度は無限大です。

全ての楽器がシンセサイザーに...
Enzoの搭載するマルチボイスの2オシレーターは非常に優秀です。
単音弾きのリードサウンドから、ギターで弾いたコードをポリフォニック・シンセサウンドに変換したり、マルチシーケンスのアルペジエーターのように連続して演奏したり自由自在です。
今までもこのようなコンセプトのペダルはありましたが、特殊なピックアップを用意する必要があったり、トラッキング精度に問題がありました。
Enzoはギターのみならず、ドラムマシーンやボーカル、シンセサイザー等、あらゆる音源をシンセサイズすることが可能です。
入力はステレオ・モノの両対応となっています。


*製品特徴*
・波形選択可能なマルチボイスのデュアルオシレーター搭載
・2タップディレイ(タイム・フィードバック・モジュレーション)
・3つのシンセモードとDryモード
・ポルタメント機能
・ホールド機能を用いたシンセホールド機能
・コンプレッサー機能(ドライモード)
・6種類のフィルターモード
・ワイドレンジ・リングモジュレーション(エンペロープコントロール可能)
・Wet/Dryミックスはデジタルコントロールされたアナログ回路
・ステレオ入出力
・入出力レベルはインストレベル・シンセ/ラインレベルで選択可能
・エクスプレッションペダルを用いた全てのパラメーターのコントロール
・Preset Switch、MIDIを用いたプリセット保存機能
・Expジャックを介したMIDI入出力(TRS)
・外部タップテンポ接続可能
・MIDIビートクロックシンク機能
・24bit AD/DA、32bit floatのDSP処理
・JFETを用いた高品質な入力セクション
・Designed and built in Los Angeles, California U.S.A


*各機能解説*
-PITCH-
・-2 OCTから+2オクターブまで半音ずつピッチを変化させることが出来ます。
・Altモード: PORTAMENT
→シンセサイザーのGlide/Portamento機能同様、演奏したピッチへ音程を滑らかに繋げます。

-FILTER-
・カットオフ周波数を選択します。
・Alt モード: FILTER TYPE
→6種類のフィルタータイプが選択可能です。
1. Ladder Lowpass
2. Ladder Shelving Bandpass
3. Ladder Highpass
4. State Variable Lowpass
5. State Variable Bandpass
6. State Variable Highpass

-MIX-
・ドライ・ウェット音のバランス調整です。
・Alt モード: DELAY LEVEL
→ディレイ音のレベルを調整可能です。
→センター以降、2基目のステレオタップディレイがブレンドされます。

-SUATAIN-
・シンセ音のサスティーンコントロール (Dry Modeでは入力音のコンプレッション量)です。
・Altモード:RING MODULATION
→リングモジュレーションの周波数を変化させます。

-FILTER ENVELOPE-
・エンペロープトリガーのアタック、ディケイ時間の設定します。
・エンペロープフォロワーモードの場合は入力感度設定です。
・Alt モード:FILTER BANDWIDTH(RESONANCE)
→フィルターのレゾナンスを調整します。

-MODULATION-
・オシレーターをデチューンさせ、コーラス効果を与えます(Dryモードでは、ディレイモジュレーション量)。
・Alt モード: DELAY FEEDBACK
→ディレイのフィードバック量を調整します。

-ALT FUNCTION-
・このボタンを押し続けている間、Altモードが有効となります。

-SELECT SYNTH MODE-
・Synthモードを選択します。
Poly:コードトラッキングが可能なマルチボイスモード。
Mono:2基のオシレーターを単音トラッキングで使用。
Arp:タップテンポにシンクし、コードの和音に合わせてアルペジエート。
Dry:シンセ機能をOffにし、フィルター、ディレイとピッチシフトを入力シグナルに付与。

-TAP-
・ディレイとアルペジエーターモード時のタップテンポです。
・Alt モード: ENVELOPE TYPE
→フィルターエンペロープをトリガーからエンペロープフォロワーに切り替えます。
・TAPスイッチをホールド
→ディレイフィードバックが最大になります。

-Bypass-
・バイパス。
・Altモード: SYNTH WAVESHAPE
→シンセサイザーの波形選択(SawとSquare)です。


スペック

A/D D/A変換:48kHz 24bit
DSP:32bit float
入力インピーダンス:1MΩ
S/N比:115dB
最大入力レベル:+9dBu(インスト入力モード), +12.5dBu(シンセ・ライン入力モード)
電源:9V DC, センターマイナス, 2.1mm
消費電流:150mA
サイズ(W x D x H):約108 x 114 x 50 mm
重量:約414g