TOP > エフェクター(ブランド別) > J. Rockett Audio Designs > J.Rockett Audio Designs APE Analog Preamp Experiment

有名なヴィンテージ・テープエコーのアナログ・セクションのプリ・アンプ部を再現したペダル。J.Rockett Audio Designs
APE Analog Preamp Experiment

  • 新品
  • 送料無料

ブランド : J. Rockett Audio Designs

取扱店舗

  • 渋谷店
  • 心斎橋店

店舗により展示状況が異なります。
店頭での現物の確認、試奏、購入をご検討される際の在庫確認は、お電話、またはメールにてご利用店舗へお問い合わせください。

販売価格30,800円(税込)

数量
この商品について問い合わせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

トピックス

お店で買っても!WEBで買っても!今なら分割払いがお得!
ショッピングクレジット分割48回払いまで金利手数料0%!
期間限定 〜2021年8月31日まで

月々の支払い金額シミュレーションもできます!
くわしくはこちらをクリック

商品説明

エイプはユニークなデザインを持ち、有名なヴィンテージ・テープエコーのアナログ・セクションのプリ・アンプ部を再現したペダルです。
これは単なるプリ・アンプではなく、テープヘッドのアナログ・サーキットを通ったようなサウンド・キャラクターを持っています。

オリジナル同様、内部電圧22.5Vで動作しており、DCコンバーターを設ける事で汎用性の高いDC9Vのアダプターで使用できるように設計しました。
そして、プリアンプ・セクションとは別に録音と再生のテープ・ヘッドの機能を再現しており、お気に入りのディレイ・ペダル (特にキル・ドライ出来る仕様のもの)をループ部分に接続する事で、アナログ・ライクなエコー・サウンドを出せるようにしています。
ループには様々なペダルを接続可能であり、オーバードライブ等を接続してもファットなサウンドが得られるでしょう。
ループに何も接続しない時にループ・スイッチをオンにすると、MIXコントロールは全体のボリュームになり、RECはインフプット・レベルを調節可能になるので、純粋なプリアンプとして使用する事が出来ます。
この場合において、REPEARTSは高音域のコントロールです。
ループにディレイを接続し、APEによってリピート機能を制御する場合は、接続するディレイのレベルを「100%ミックスまたはウェット、リピートのコントロールを1回、または最小」とする事が必要です。
こうする事によってディレイ音をテープヘッドに録音して再生したのような暖かなエコー・サウンドが得られるのです。


スペック

●DC9V(センターマイナス)
●電池使用不可
●消費電流:39mA