TOP > DTM|REC|PA > Roland M-5000 Live Mixing Console

エンジニアが求める理想に近づくために持てる技術のすべてを、惜しみなく注ぎ込んだライブミキシング・コンソール。Roland
M-5000 Live Mixing Console

  • 新品
  • 送料無料

ブランド : Roland

取扱店舗

  • 渋谷店
  • 心斎橋店
  • 京都店

店舗により展示状況が異なります。
店頭での現物の確認、試奏、購入をご検討される際の在庫確認は、お電話、またはメールにてご利用店舗へお問い合わせください。

販売価格2,750,000円(税込)

数量
この商品について問い合わせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

トピックス

お店で買っても!WEBで買っても!今なら分割払いがお得!
ショッピングクレジット分割48回払いまで金利手数料0%!
期間限定 〜2020年8月31日まで

月々の支払い金額シミュレーションもできます!
くわしくはこちらをクリック

商品説明

その高音質、そのフレキシビリティから、ローランドの革新が始まる。
「O・H・R・C・A」誕生。

私たちが基準にしたのは、長い時間をかけてライブ・ミキシングのさまざまな現場で積み重ねてきたリサーチと検証の結果。

私たちが実践したのは、エンジニアが求める理想に近づくために持てる技術のすべてを、惜しみなく注ぎ込むこと。
そうして辿り着いたローランドの新しい系譜、「O・H・R・C・A」。
最大128chの入出力数をエンジニアが自由に設定可能な内部構成、エンジニアの意志を忠実に表現する操作系、そして96kHz内部処理のサウンドクオリティなど、私たちが、このコンパクトなボディに具現化したのは、時代を変革するための限りない可能性です。

■Configurable Architecture
・128chのチャンネル・ストリップを内蔵
・チャンネル・ストリップは自由に入出力への割り当て可能

■Expandability
・96kHz時、最大300入力/296出力(M-5000Cは最大300入力/288出力)セットアップ可能(いずれも48kHz時は値が異なります)
・7種類のインターフェイス・モジュールによる各種フォーマット対応
・伝送・電源の二重化が可能

■High Resolution
・96kHzのサンプリング・レート
・高精度72bitのサミング・バス
・ディスクリート構成のマイク・プリアンプ

■Surface Design
・12インチ・タッチ・スクリーン&“タッチ&ターン”オペレーション
・スクロール/アイソレート自在の24フェーダー(M-5000Cは16フェーダー)+ アサイナブル4フェーダー
・設定自在のユーザー・アサイナブル・セクション

▼O・H・R・C・Aの「Configurable Architecture」それは、最大128chを自由自在に定義できる、まさに変幻自在の内部構成
128chのチャンネル・ストリップを状況に応じて入出力に割り当てられる画期的な内部構成を実現
その可能性は、一台でさまざまな用途に対応できるというだけでなく、時として流動的に変化する現場に、的確に対応する高度な柔軟性をも発揮します。

現場の用途に合わせ、インプット・チャンネル、AUXバス、MATRIXバス、サブグループバス、ミックス・マイナスバスなどに必要な入出力を128チャンネルの範囲で割り当てることが出来ます。その用途はFOH、モニター、シアター、放送など、あらゆる用途に対応可能。まさに変幻自在な内部構成、それが「コンフィギュラブル・アーキテクチャー」です。

設定可能なチャンネル/バス構成
・ INPUT CHANNEL (MONO/STEREO)
・ MAIN(5.1/LCR/LR/MONO)
・ SUB GROUP (MONO/STEREO)
・ AUX (MONO/STEREO)
・ MIX MINUS (MONO/STEREO)
・ MATRIX
・ MONITOR (5.1/LCR/LR)
・ DOWNMIX
・ TALKBACK, TALKBACK RTN, OSC, HEADPHONES

▼オーディオ・ネットワークへの徹底した対応を実現する高度な拡張性
チャンネル・ストリップとは別に、96kHz時に最大300入力/296出力※を自由にパッチング
インプット・チャンネル、アウトプット・バスを消費することなく独立して入出力が可能なパッチベイや、REAC、Dante、MADI、SoundGrid、SDI各フォーマットへの対応など、そのきわめて高度な拡張性が、圧倒的な対応力を生み出すフレキシビリティの源泉となります。
※M-5000Cは、96kHz時に最大300入力/288出力

入出力はチャンネル・ストリップを介さず、インプット・パッチベイからアウトプット・パッチベイへ直接接続し、出力することが可能。なかでもREAC接続では、ゲイン調整、ファンタムのON/OFFなど、入力機器のリモート制御も行えます。
96kHz時に最大300入力/296出力※を接続することができ、O・H・R・C・AをコアにしたREAC、Dante、MADI、SoundGrid、SDIなどのさまざまな入出力による膨大なシステムの構築、管理・運用を実現します。

※M-5000Cは最大300入力/288出力(96kHz時)。本体リア・パネルのアナログ/デジタル/REACポート入出力、オプションのインターフェイス・モジュール使用時。O・H・R・C・Aのオプション・スロットは、最大80CH(96kHz)、160CH(48kHz)の入出力キャパシティを有します。実際の最大入出力数は、サンプリング・レートおよびインターフェイス・モジュールにより変化します。

▼REAC、Dante、MADI、SoundGrid、SDIほか各種フォーマットに対応する拡張性
本体には2基のオプションスロットを用意。このスロットに、REAC、Dante、MADI、SoundGridなどのインターフェイス・モジュール(オプション)を装着することで、さまざまなシステム構築が可能。REAC伝送の二重化はもちろん、Danteの二重化にも対応しています。また、MADIモジュールはVideoSync(B.B.)に対応し、二重化も可能、入出力にはコアキシャルとオプティカル端子を用意。オプティカル端子は、マルチモード/シングルモードの両伝送方式を選択可能(シングルモードはオプション対応)。さらに、WAVES SOUNDGRIDモジュールを使用し、SoundGridサーバーと接続することで、Waves社プラグインエフェクトの使用を可能にします。

・伝送と電源の二重化に対応
REAC回線は、メインとバックアップの2回線を接続することにより二重化が可能。REAC回線を二重化した場合、メイン回線に不具合が生じた際は、音切れ無くバックアップ回線に切り替わります。伝送回線の二重化は、拡張スロットに装着したREAC、Dante、MADIモジュールでも同様に可能。さらにDC入力端子に電源ユニット S-240P(別売)を接続すれば、電源も二重化することができます。





スペック

【内部処理】
■ミキシング・チャンネル
128CHの範囲内でINPUT CHANNEL、MAIN、SUBGROUP、 AUX、MIX-MINUS、 MATRIX、 MONITOR、COMM、OSC、
HEADPHONESのチャンネル数を構成可能

■入力ポート
最大300ポート(96kHz)、 最大460ポート(48kHz/44.1kHz)、CONSOLE:16、AES/EBU:4、 REAC:40×2、EXPANSION SLOT: 80×2(96kHz)、160×2(48kHz/44.1kHz)、USB AUDIO:16、 DOCK:2、 USB RECORDER:2、FX 1L-8R:16、 TALKBACK:2、 OSC:2

■出力ポート
最大296ポート(96kHz)、最大456ポート(48kHz/44.1kHz)、CONSOLE:16、AES/EBU:4、REAC:40×2、 EXPANSION SLOT:80×2(96kHz)、160×2(48kHz/44.1kHz)、USB AUDIO:16、DOCK:2、USB RECORDER:2、FX 1L-8R:16

■内部信号処理
72ビット(固定小数点、バス・サミング)

■信号処理
AD/DA変換:24ビット
サンプリング周波数:96kHz、48kHz、44.1kHz

■信号遅延時間
ネットワーク信号遅延時間:1.6ms(typ.)
コンソール信号遅延時間:1.1ms(typ.)

※ネットワーク信号遅延時間:S-2416に入力された信号がM-5000のREACポートを経由し、M-5000本体内でデジタル信号処理され、再びREACポートを経由しS-2416から出力されるまでの総遅延時間。
※コンソール信号遅延時間:INPUT端子に入力された信号が、M-5000本体内でデジタル信号処理され、OUTPUT端子から出力されるまでの総遅延時間。
※サンプリング周波数:96.0kHz
※エフェクト:未使用(エフェクト・インサートしない)
※REACの回線にREACスプリッター&パワーディストリビューターS-4000Dやスイッチング・ハブを挿入する場合、それらスプリット機器の性能に応じてネットワーク遅延時間が増えます。スプリット機器が挿入された時の遅延時間は、1台あたり最大で200マイクロ秒(0.2mS)です。


【入出力端子】
INPUT端子(1〜16):XLR-3-31タイプ(バランス、ファンタム電源)
TALKBACK MIC 2端子:XLR-3-31タイプ(バランス、ファンタム電源)
AES/EBU IN端子(1/2、3/4):XLR-3-31タイプ
OUTPUT端子(1〜16):XLR-3-32タイプ(バランス)
PHONES 1端子:ステレオ標準タイプ
PHONES 2端子:ステレオ・ミニ・タイプ
AES/EBU OUT端子(1/2、3/4):XLR-3-32タイプ
REAC端子(A、B、SPLIT/BACKUP):RJ-45 EtherCon
タイプ、SPLIT/BACKUP端子はREAC EMBEDDED POWER給電対応
WORD CLOCK端子(IN、OUT):BNCタイプ
RS-232C端子:9ピンD-subタイプ
MIDI端子(OUT/THRU、IN)
USB端子(MEMORY):USBタイプA
USB WLAN ADAPTOR端子:USBタイプA
USB COMPUTER端子:USBタイプB
LAN端子:RJ45タイプ
DOCK CABLE端子:10ピン・ミニDINタイプ
GP I/O端子:25ピンD-subタイプ
FOOT SWITCH端子(1、2):TRS標準タイプ
LAMP端子:XLR-4-31タイプ×2、ランプ電源DC+12V/500mA
EXT.POWER DC IN端子:XLR-4-32タイプ
※XLRタイプ:1 GND、2 HOT、3 COLD
※ファンタム電源:DC+48V(無負荷時最大)、14mA(最大負荷)
(電流値は1チャンネルあたり。全XLRタイプ入力端子に装備)


【入出力規格】
■周波数特性(typ. )
OUTPUT端子(1〜16):-2dB/+0dB(20kΩ負荷、+4dBu時、20Hz〜40kHz)
PHONES端子(1、2):-2dB/+0dB(32Ω負荷、150mW時、20Hz〜40kHz)

※サンプリング周波数:96.0kHz
※入力端子:INPUT端子(Pad:オン、Input Gain:+4dBu、20Hz〜40kHz)

■全高調波ひずみ率(T.H.D+N)(typ. )
OUTPUT端子(1〜16):0.007%(+4dBu時)
PHONES端子(1、2):0.01%(32Ω負荷、150mW時.)

※サンプリング周波数:96.0kHz
※入力端子:INPUT端子(Pad:オン、Input Gain:+4dBu、20Hz〜40kHz)

■ダイナミック・レンジ(IHF-A、typ.)
OUTPUT端子(1〜16):102dB

※サンプリング周波数:96.0kHz
※入力端子:INPUT端子(Pad:オン、Input Gain:+4dBu、20Hz〜40kHz)

■クロストーク@1kHz(IHF-A、typ. )
INPUT端子(1〜16):-100dB
OUTPUT端子(1〜16):-109dB

※サンプリング周波数:96.0kHz
※入力端子:INPUT端子(Pad:オン、Input Gain:+4dBu、20Hz〜40kHz)

■入力 インピーダンス
INPUT端子(1〜16):7kΩ
TALKBACK MIC 2端子:4kΩ(ファンタム:オン)

■規定入力レベル (可変、typ.)
INPUT端子(1〜16):-65〜-10dBu(PAD:オフ)、-45〜+10dBu(PAD:オン)
TALKBACK MIC 2端子:-65〜-10dBu

■ノン・クリップ 最大入力レベル (1kHz、typ.)
INPUT端子(1〜16):+8dBu(PAD:オフ)、+28dBu(PAD:オン)
TALKBACK MIC 2端子:+8dBu

■出力インピーダンス(typ.)
OUTPUT端子(1〜16):600Ω
PHONES端子(1、2):45Ω

■推奨負荷 インピーダンス
OUTPUT端子(1〜16):10kΩ以上
PHONES端子(1、2):32Ω以上

■最小負荷 インピーダンス
PHONES端子(1、2):16Ω

■規定出力レベル (typ.)
OUTPUT端子(1〜16):+4dBu(負荷インピーダンス:10kΩ)

■ノン・クリップ 最大出力レベル (1kHz、typ.)
OUTPUT端子(1〜16):+22dBu(10kΩ負荷時)
PHONES端子(1、2):500mW+500mW(40Ω負荷時)

■残留ノイズ・レベル(IHF-A、typ.、サンプリング周波数:96.0kHz)
-89dBu(全フェーダー Min)
-82dBu(メイン・フェーダー:ユニティ、チャンネル・フェーダー:CONSOLE INPUT 1チャンネルのみユニティ、PREAMP GAIN:Min)
-50dBu(メイン・フェーダー:ユニティ、チャンネル・フェーダー:CONSOLE INPUT 1チャンネルのみユニティ、PREAMP GAIN:Max)
※入力150Ωターミネート
※出力端子:OUTPUT端子(1〜16)

■等価入力雑音レベル(E.I.N.)(IHF-A、typ.、サンプリング周波数:96.0kHz)
-127dBu(メイン・フェーダー:ユニティ、チャンネル・フェーダー:CONSOLE INPUT 1チャンネルのみユニティ、PREAMP Gain:Max)
※出力端子:OUTPUT端子(1〜16)


【その他】
■ディスプレイ
グラフィック・カラーLCD 800×600ドット(タッチ・スクリーン)
グラフィック有機ELディスプレイ 256×64ドット(フェーダー・バンク×7、ユーザー・アサイナブル×1)

■電源
AC100V(50/60Hz)

■AC100V(50/60Hz)
180W

■動作温度
+5〜+40℃

■付属品
取扱説明書、電源コード(2P-3P変換器)、ドック・ケーブル
REACコネクター・カバー×3、フェライト・コア×6
タブレット・シート×2、本体カバー、保証書、ユーザー登録カード

■外形寸法 / 質量
幅 (W):934 mm
奥行き (D):725 mm
高さ (H):346 mm
質量:36 kg