TOP > アンプ|アンプシミュレーター|真空管 > 真空管|アッテネーター|その他 > Two Notes Torpedo Reload [TNREL]

150Wロードボックス|アッテネーター|リアンプ|アンプ&楽器用DIボックスが一台に収まった、録音に便利なアナログ・インターフェイス。Two Notes
Torpedo Reload [TNREL]

  • 新品
  • 送料無料

ブランド : Two Notes

取扱店舗

  • 渋谷店
  • 心斎橋店

店舗により展示状況が異なります。
店頭での現物の確認、試奏、購入をご検討される際の在庫確認は、お電話、またはメールにてご利用店舗へお問い合わせください。

販売価格86,350円(税込)

数量
この商品について問い合わせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

トピックス

お店で買っても!WEBで買っても!今なら分割払いがお得!
ショッピングクレジット分割48回払いまで金利手数料0%!
期間限定 〜2021年5月31日まで

月々の支払い金額シミュレーションもできます!
くわしくはこちらをクリック

商品説明

録音に便利な機能満載。
150Wロードボックス|アッテネーター|リアンプ|アンプ&楽器用DIボックスが一台に収まった、録音に便利なアナログ・インターフェイス。

Torpedo Reload(トーピド・リロード)は、ギタリストやベーシストがレコーディングに役立つ機能を満載したアナログ・インターフェイスです。RE-ACT(アッテネーター)、REPLAY(リアンプ機能)、MATCH(リアンプ時のレベル調整)、ロードボックス機能、楽器用DIボックスを搭載しています。本機があれば、ギターやアンプの純粋なサウンドのレコーディングを、素早く始められます。

【特長】
■RE-ACT(アッテネーター機能)
真空管アンプが大音量時のサウンドを、小さなボリュームでも得られる機能です。 アッテネーターで音を小さくすると、トーンに悪影響を及ぼすことがあります。これはアンプにかかる負荷がアッテネート・レベルに応じて変化するからです。しかし、本機は、独自のRE-ACT(Reactive-Active)技術により、どんなアッテネート・レベルであっても、同じスピーカー・インピーダンスでアンプを鳴らすことができます。 アッテネートした出力とライン出力は同時に使えるので、キャビで音を鳴らしながら、アンプからのドライ音をラインで録音できます。

■REPLAY(リアンプ機能)
一旦録音した音をライン入力して、楽器用レベルで出力できます。この出力を再びギターアンプに入力して、リアンプを行います。だた、リアンプする際にやっかいなのは、DAWからの信号レベルを、実際にギターをアンプに入力するレベルと同じにする必要がある、ということです。本機は独自のMATCH機能により、この問題を解決しました。

■MATCH(リアンプ時のレベル調整)
本機の革新的なところは、リアンプの際にやっかいなレベル設定の問題を解決したことです。レベルが高すぎるとアンプの音が割れてしまいます。逆にレベルが低すぎると、トーンのダイナミクスが無くなってしまいます。そんなときは、本機のMATCH機能を使えば簡単に設定できます。実際にギターを繋ぎ、既に録音してあるサウンドに合わせてプレイしながら、LEDで確認しながらレベルをマッチさせます。

■ロード・ボックス
通常、真空管アンプを使用する際はスピーカー・キャビネット等のロード(負荷)が必要です。そうしないと真空管アンプは故障してしまいます。もし、スピーカー・キャビネットを繋がないならば、代わりに負荷を受けるために、本機のようなロード・ボックスが必要です。出力が150W RMSまでのヘッドを使用できます。

■楽器用DIボックス機能
ギターやベースを繋いで、マイクレベルの信号を出力するDI機能があります。これにより楽器本来の鮮明な音のまま、マイク・プリアンプやミキサー等に信号を送れます。

■パソコンと連携
本機はパソコンと連携して使用できます。連携できるアプリは2種類です。

・Torpedo Wall of Sound
・Torpedo BlendIR

それぞれTwo notesのウェブ・サイトでダウンロードできます。ご使用環境に合ったものをお選びください。

<Torpedo Wall of Sound>
スピーカー・キャビネットとマイキングのシミュレーションを行うパソコン用アプリです。DAWのプラグイン・ソフトとして使います。Torpedoハードウェアと同品質のスピーカー・シミュレーションを、パソコンで行えます。本体をお持ちの方は以下のキャビネットを無料でお使いいただけます。

<Torpedo BlendIR>
IR(インパルス・レスポンス)の研究や実験をするパソコン用のアプリです。異なるIRをミックス|IRを微調整|IRを加工することができる他、IRをTorpedo本体に転送することができます。

【Wall of soundで使えるシミュレート】
■ギター・キャビネット・リスト
・2Notes CSG:Two Notes Custom 1×12″ ElectroVoice® EVM12L
・Alichino:Cornford® Harlequin 1×12” OB Celestion® Vintage 30 UK
・Angl VintC:Engl® 4×12″ Celestion® V30
・Bayou:Jenkins® Sound Lab 2×12” OB Eminence® Patriot Swamp Thang
・BDeLuxe:Fender® Blues Deluxe 1×12″
・Blonde 63:Fender® Bassman ’63 Blonde Tolex Piggy Back 2×12″
・Brit 65C:Marshall® 1965A 4×10″ Celestion® G10L-35 closed back
・Brit 65O:Marshall® 1965A 4×10″ Celestion® G10L-35 open back
・Brit Std:Marshall® JCM900 2×12″ Celestion® G12T
・Brit VintC:Marshall® Slash Signature 4×12″ Celestion® V30 closed back
・Brit VintO:Marshall® Slash Signature 4×12″ Celestion® V30 open back
・Calif C90:Mesa/Boogie® 1×12″ Celestion® C90 (Black Shadow)
・Calif StdC:Mesa/Boogie® Rectifier® Standard 4×12″ Celestion® V30 closed back
・Calif StdO:Mesa/Boogie® Rectifier® Standard 4×12″ Celestion® open back
・Eddie:Peavey® 5150 2×12″ Sheffield 1200
・Forest:Elmwood® 2×12″ Celestion® V30
・Free Rock:VHT® Deliverance 4×12″ Eminence® P50E
・Free Rock2:VHT® Deliverance 2×12″ Eminence® P50E
・Green Tri:Hughes & Kettner® Triamp 4×12″ Celestion® Greenback
・Jazz 120:Vintage Roland® JC120 2×12″
・JubilGreen:Marshall® 2550 2×12″ Celestion® Greenback
・JubilV30:Marshall® 2550 2×12″ Celestion® V30
・Kerozen:Diezel® 4×12″ Celestion® G12K-100
・Silver77:Vintage Fender® Twin Reverb® 2×12″ orange JBL®
・SilverJen:Vintage Fender® Twin Reverb® 2×12″ Jensen® C12K
・StrongBack:VHT® Fat Bottom 4×12″ Eminence® P50E
・The One:Brunetti® Neo1512 1×15″ + 1×12″
・Twill 15:Clark® Tweed Replica 1×15” OB Jensen® 1959
・Vibro Utah:Vintage 1961 Fender® Vibrolux® 1×12″ original Utah speaker
・Vibro V30:Vintage 1961 Fender® Vibrolux® 1×12″ Celestion® V30
・Voice 30:Original Vox® AC30 JMI 2×12″ Celestion® “Silver Bell”
・Voice 65:1965 Vox® 2×12″
・VoiceModrn:Vox® V212H, 2×12″ Celestion® Alnico Blue
・Watt FanC:Hiwatt® 2×12″ Fane closed back
・Watt FanO:Hiwatt® 2×12″ Fane open back
・XTCab:Bogner® 4×12″ Celestion® V30

■ベース・キャビネット・リスト
・2Notes CSB:Two Notes Custom 1×15″
・Alu XL/:Hartke® XL 4×10″
・AZ Ben:SWR® Big Ben 1×18″
・AZ Work:SWR® WorkingMan 4×10″
・Calif Low:Mesa/Boogie® 2×10″
・Fridge:Ampeg® 8×10″
・Heaven Bot:David Eden® 1×15″
・Heaven Top:David Eden® 4×10″
・Marco:Markbass® 2×10″
・Voice V125:Vox® V125 2×12″

■マイク・リスト
・Ribbon 121:based on Royer® R121
・Ribbon 160:based on Beyerdynamic® M160N
・Dynamic 57:based on Shure® SM57
・Dynamic Bass52:based on Shure® Beta 52
・Dynamic 421:based on Sennheiser® MD421
・Dynamic Bass20:based on Electrovoice® RE20
・Condenser 87:based on Neumann® U87
・Condenser Knightfall:based on Blue® Dragonfly

■パワー・アンプ・リスト
・SE 6L6:Single-ended Class-A with 6L6
・SE EL34:Single-ended Class-A EL34
・SE EL84:Single-ended Class-A with EL84
・SE KT88:Single-ended Class-A with KT88
・PP 6L6:Push-pull Class-AB with 6L6
・PP EL34:Push-pull Class-AB with EL34
・PP EL84:Push-pull Class-AB with EL84
・PP KT88:Push-pull Class-AB with KT88



スペック

■スピーカー入力
¼インチ・フォーン端子、アンバランス(TS)
最大入力電圧:280 V AC(51 dBu)
セアナログ入力キュリティー・ロード:200 Ω @ 10 W

■アナログ入力
コンボ端子 × 2、XLRー¼インチ・フォーン端子バランス(TRS)/アンバランス(TS)
最大入力レベル:8.70 dBu
入力インピーダンス:20 k Ω バランス、10 k Ω アンバランス

■ロードボックス
リアクティブ or レジスティブ・ロード(切替)、ノミナル・インピーダンス:4 or 8 or 16Ω(切替)
最大許容入力:150 Watts(適切な換気を想定)
最大許容電力(ピーク):200 Watts(適切な換気を想定)
冷却ファン装備
ハイ・インピーダンス・モード:キャビネットをTHRU 端子に繋いだ時(ロードボックス不使用時)

■スピーカースルー
¼インチ端子、アンバランス(TS)

■アナログ出力
XLRバランス × 2
インピーダンス:600 Ω バランス、300 Ω アンバランス
最大出力レベル:
ロード無し、バランス:11.2dBu
10 k Ωロード、バランス:10.7dBu
ロード無し、アンバランス:5.1dBu
10 k Ωロード、アンバランス:4.9 dBu

■ヘッドホン出力
ステレオ ¼インチ端子

■S/PDIF
サンプリング周波数:44.1 kHz〜96 kHz
マスター又はスレーブ

■AES/EBU
サンプリング周波数:44.1 kHz〜96 kHz
マスター又はスレーブ

■ADC
サンプリング周波数:192 kHz
分解能:24 bits
ノイズレベル:-111 dB (A-weighted)
THD:0.0026%
ステレオ・クロストーク:-109 dB

■DAC
サンプリング周波数:96 kHz
分解能:24 bits
ノイズレベル:-109 dB (A-weighted)
THD:0.0008%
ステレオ・クロストーク:-106 dB

■周波数特性(-1dB)
13 Hz〜45 kHz

■レイテンシー
Normal latency mode時:5.063 ms、Low Latency mode時:3.064 ms(ライン入力 to ライン出力)

■熱保護
冷却ファンで温度を調整
115°C でディスプレイに警告表示、出力信号をミュート
125°C でロードボックス機能停止、アンプの出力を200 Ωロードに接続して安全にロードし、アンプ温度を下げます

■電源
IEC60320 C14 電源端子
入力電圧:100V AC、50/60 Hz
消費電力:約10 W

■寸法
幅440 mm(483 mm:ラック耳含む)
奥行:180 mm(230 mm:コネクター&ノブ含む)
高さ:88 mm
重量:4 kg