TOP > アンプ|アンプシミュレーター|真空管 > 真空管|アッテネーター|その他 > Two Notes Torpedo Captor X

ロードボックス|バーチャル・キャビネット|アッテネーター|IRローダー。Two Notes
Torpedo Captor X

  • 新品
  • 送料無料

ブランド : Two Notes

取扱店舗

  • 渋谷店
  • 心斎橋店
  • 京都店

店舗により展示状況が異なります。
店頭での現物の確認、試奏、購入をご検討される際の在庫確認は、お電話、またはメールにてご利用店舗へお問い合わせください。

販売価格74,800円(税込)

数量
この商品について問い合わせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

トピックス

お店で買っても!WEBで買っても!今なら分割払いがお得!
ショッピングクレジット分割48回払いまで金利手数料0%!
期間限定 〜2020年11月30日まで

月々の支払い金額シミュレーションもできます!
くわしくはこちらをクリック

商品説明

ロードボックス|バーチャル・キャビネット|アッテネーター|IRローダー。

本機は、ロードボックス/アッテネーターであるTorpedo Captorに、スピーカー・キャビネット・シミュレーターとIR機能を加えたモデルです。更にエンハンサー|リバーブ|ツイントラッカーなどのエフェクトも搭載しています。パソコンやタブレットと繋ぐことで、キャビネット・シミュレーターやIR他を設定できます。本体のPRESETノブでは6個までプリセットを呼び出せます。MIDIコントローラーを使えば、それ以上のプリセット(128個まで)を瞬時に呼び出すこともできます。

【特長】
■ロードボックス(無音で使う)
本機は8Ωのリアクティブ・ロードボックスです。キャビネットを繋がなくとも真空管アンプを演奏できます。昼夜を問わず、自宅で好きな時間に録音できます。アンプを本機に繋ぐだけで、ヘッドホンやモニター・スピーカー等から、真空管アンプで演奏した音を聴くことができます。

■アッテネーター(音を小さくする)
アッテネーターとして使うと、キャビネットからの音量を小さくできます。アッテネート・レベルは2段階です。ステージ(-20dB)や自宅(-38dB)で、真空管アンプを最高のサウンドのまま、小さな音量で鳴らせます。

■バーチャル・キャビネット
Two notesが誇るリアルなスピーカー・シミュレート機能を使えます。本体内にあらかじめ32個のバーチャル・キャビネットがあります。更にマイクは全8本から最大2本を選んで好きな場所に設置できます。更にキャビが必要な方はTwo notesのサイトで別途ご購入いただけます。

■IRを使う
本体内には、最大で512個のIRを読み込めます。IRの読み込みはパソコンのTorpedo Remoteアプリで行います。本機には、20 |40 | 100 | 200 ms のIR を読み込めます。それより長い場合は、Torpedo Remoteで設定した長さに短縮します。

■XLR出力端子(L/R)
XLR端子はステレオ or デュアル・モノ出力を選べます。ステレオの場合はステレオ・リバーブやダブルトラック機能を使えます。デュアル・モノでは左右のXLR出力から異なる設定(EQ|REVERB DRY/WET)のサウンドを出力できます。

■エフェクト
トーンに磨きをかけるため、ノイズゲート|EQ|エンハンサー|リバーブ|ツイン・トラッカーを搭載しています。詳細設定はパソコン|スマホ|タブレットのアプリから行います。ツイントラッカーはダブル・トラックを自動で行う機能で、二人で同時にプレイしたような厚みのあるサウンドにできます。本体にあるVOICINGノブは手元でトーンの最終調整ができる1バンドEQです。

■パソコン|スマホ|タブレットで設定
スピーカー・シミュレート|エフェクト|IR、様々な設定をパソコン|スマホ|タブレットから行えます。専用アプリをインストールし、パソコンとはUSBで、スマホ|タブレットとはBluetoothで接続します。専用アプリ(Torpedo Remote)では、キャビを選びマイクを立て、エフェクトやレベルを設定し、プリセットを作り管理できます。またサードパーティ製IRを使いプリセットを作ることもできます。

■MIDI対応
MIDIに対応し様々な機器でコントロールできます。PC:プログラム・チェンジ(プリセット切り替え)と、CC:コントロール・チェンジ(パラメーター変更)に対応しています。これにより、MIDIコントローラーなどで、本機の全てのパラメータを操作できます。ミニ・ジャック ⇒ 5ピンMIDIケーブル・アダプタが付属しています。

【各部説明】
■フロント・パネル
1. CLIP LED:グリル内のLED で入出力レベルを確認。
2. OUT LEVEL:ヘッドホンとXLR DI 出力のレベルを調節。
3. VOICING:全体のトーンを調整。
4. SPACE:リバーブの量を設定。
5. 通気パネル:冷却用のスリット。
6. PHONES:ヘッドホン端子。
7. IN LEVEL:入力レベルを設定。
8. PRESET:プリセットを切り替え。

■リア・パネル
A. POWER:電源端子
B. OUTPUTS:XLR DI出力端子
C. GND:グランド・スイッチ
D. ファン:冷却ファン
E. MIDI IN:MIDI端子
F. USB:USB端子
G. SPEAKER OUT:スピーカー・キャビネットに接続
H. VOLUME:スピーカー・キャビネットの音量を設定
I. SPEAKER IN:アンプ出力から接続(8 Ω最大100W RMS)

【シュミレート】
■ギター・キャビネット・リスト
・Angl Pro30:Engl® 4×12″Celestion® Vintage 30
・Angl VintC:Engl® 4×12″
・BDeLuxe:Fender® Blues Deluxe
・Brit 65O:Marshall® 1965A 4×10″ Celestion® G10L-35 open back
・Brit VintC:Marshall® Slash Signature 4×12″ with Celestion® V30
・Calif StdC:Mesa/Boogie® Rectifier® Standard 4×12″ Celestion® V30 closed back
・Eddie:Peavey® 5150 2×12″ Sheffield 1200
・Eggbeater:Egnater® Tourmaster cabinet
・FastBack:4×12″ cabinet with Celestion® Pre-Rola G12M Greenback
・Forest:Elmwood® 2×12″ cabinet with Celestion® V30
・Free Rock2:VHT® Deliverance 2×12 Eminence® P50E
・GreenArtC:Marshall® 4×12″ for JMP Amplifier
・GreenTri:Hughes&Kettner® Triamp 4×12″ with Celestion® Greenback
・Jazz120:Vintage Roland® JC120 2×12″
・JubilGreen:Marshall® 2556AV 2×12″ Celestion® Greenback
・Kerozen:Diezel® 4×12″ Celestion® G12K-100
・RackHeroJP:Custom Audio Amplifier 2×12″ with Celestion® Vintage 30
・Rand RD412:Randall® Signature Series 4×12″ angled with Celestion® Greenback
・SilverJen:Fender® Twin Reverb® 2×12″ with Jensen® speakers
・StrongBack:VHT® Fat Bottom series cabinet P50E speaker
・Tanger 30C:PPC112HP© 1×12″ Orange® with Celestion® Vintage 30
・The One:Brunetti® Neo1512 1×15″ + 1×12″
・Vibro V30:Vintage 1961 Fender® Vibrolux® 1×12″ Celestion® V30
・Voice 30:Original Vox® AC30 JMI 2×12″ Celestion® Silver Bell
・Watt FanC:Hiwatt® 2×12″ Fane closed back
・XTCab:Bogner® 4×12″ Celestion® V30

■ベース・キャビネット・リスト
・AluXL:Hartke® XL 4×10″
・Bull Neo2:2×10“ cabinet
・Fridge9:Ampeg® 9×10″
・Heaven Top:David Eden® 4×10″ Markbass® 2×10
・Marco:Markbass® 2×10″
・New York:Markbass® 4×6″

■マイク・リスト
・Dyn 57:ダイナミック・マイク Shure® SM57
・Dyn 421:ダイナミック・マイク Sennheiser® MD421
・Knightfall:コンデンサー・マイク Blue® Dragonfly
・Cnd 87:コンデンサー・マイク Neumann® U87
・Rbn160:リボン・マイク Beyerdynamic® M160N
・Rbn121:リボン・マイク ruban Royer® R121
・Dyn Bass 20:ダイナミック・マイク Electrovoice® RE20
・Dyn Bass 52:ダイナミック・マイク Shure® Beta52

【パソコンと連携】
本機はパソコンと連携して使用できます。連携できるアプリは3種類です。
それぞれTwo notesのウェブ・サイトでダウンロードできます。ご使用環境に合ったものをお選びください。

■Torpedo Wall of Sound
スピーカー・キャビネットとマイキングのシミュレーションを行うパソコン用アプリです。DAWのプラグイン・ソフトとして使います。Torpedoハードウェアと同品質のスピーカー・シミュレーションを、パソコンで行えます。Torpedo本体をお持ちの方は本体付属と同じキャビネットを無料でお使いいただけます。

■Torpedo Remote
本機を、USBで繋いだパコソンで操作するためのアプリです。本体のパラメーターを、パソコンの画面でグラフィカルに操作できます。他にも本体のキャビネット・データの入れ替え等も行えます。
スマホやタブレットとBluetoothで接続する場合は、Torpedo Wireless Remonteを使います。この場合キャビネット・データの入れ替えは行えません。

■Torpedo BlendIR
IR(インパルス・レスポンス)の研究や実験をするパソコン用のアプリです。異なるIRをミックス|IRを微調整|IRを加工することができる他、IRをTorpedo本体に転送することができます。



スペック

■スピーカー入力端子
6.35mm(1/4″)アンバランス(TS)
IN LEVELスイッチで入力感度を設定
HIGH:0 dB
LOW:-15 dB

■ロードボックス・インピーダンス


■スピーカー出力端子
6.35mm(1/4″)アンバランス(TS)

■左/右出力端子
XLRバランス

■最大出力レベル
15 dBu @ 600Ω

■ヘッドホン端子
6.35mm(1/4″)ステレオ(TRS)

■MIDI入力端子
1/8″バランスTRS、1/8″ to MIDI変換ケーブル付属

■USB端子
Micro USB Type B、Micro USB Type B to USB Type A変換ケーブル付属

■ADC/DAC
サンプリング周波数:96 kHz、解像度:24ビット

■周波数特性
30 Hz〜19 kHz

■最小レイテンシー
2.2 ms(ライン入力 to ライン出力)

■THD+N
0.03%(IN LEVEL 0 dB、正弦波1 kHz 4 dBu)

■S/N比
95 dB

■電源
AC100〜240 V、出力:DC12 V @ 1A

■寸法
128W×175D×64H mm

■重量
1.3 kg