TOP > アンプ|アンプシミュレーター|真空管 > 真空管|アッテネーター|その他 > FRYETTE PL-1 POWER LOAD

即納可能!!FRYETTE
PL-1 POWER LOAD

  • 新品
  • 送料無料

ブランド : FRYETTE

取扱店舗

  • 渋谷店

販売価格83,160円(税込)

数量
この商品について問い合わせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

キャンペーン

お店で買っても!WEBで買っても!今なら分割払いがお得!
ショッピングクレジット分割48回払いまで金利手数料0%キャンペーン
期間限定 〜8/31まで

月々の支払い金額シミュレーションもできます!
くわしくはこちらをクリック

商品説明

ギターの周波数に対してリアクティブに反応する「リアクティブロード」

・DTMで真空管アンプのサウンドをレコーディングしたいけどスピーカーが鳴らせない
・MP3の音源に合わせて真空管アンプのサウンドでリハーサルをしたいけど、色々な機器をセッティングするのが面倒
・ライブハウスによってギターの録り音が違ったりドラムの音がかぶったりする

FRYETTE PL-1 の ” リアクティブロード ” 、” キャビネット+マイクエミュレーション “、” ヘッドフォンアウト “、” AUXインプット “、” ヘッドフォンエフェクトループ ” がこれらの全てを解決します。

●リアクティブロード
真空管アンプに求めるウォームさや豊かな倍音を得るには、パワーアンプ部をある程度の音量でドライブする事が必要です。スピーカーキャビネットを鳴らすのが困難なホームレコーディング環境では、解決策としてダミーロードやスピーカーアッテネーターが使用されてきましたが、常にインピーダンスが一定であるこれらの製品を使用してレコーディングされたサウンドは、周波数によってインピーダンスが変化するスピーカーキャビネットに接続した場合と比較して、アンプの反応動作も著しく異なるため、結果としてダイナミクスや倍音による煌めきの失われたサウンドになってしまいます。

FRYETTE PL-1のリアクティブロードはスピーカーキャビネットと同じインピーダンスカーブをもち、アンプはスピーカーキャビネットを接続された場合と同様にギターの周波数に対してリアクティブに反応します。また、スピーカーキャビネットの周波数特性を調整するボイシングスイッチを装備、キャビネットのサウンドキャラクターをアレンジすることが可能です。

●キャビネット+マイクエミュレーション
ギター用スピーカーの最大の特徴は周波数特性にあります。オーディオ用スピーカーが20kHz以上の高周波数帯域までフラットに再生するのに対し、ギター用のスピーカーは4-5khz以上から徐々に降下を始めます。この特性こそがエレキギターサウンドの特徴になっていることは、オーディオシステムに直接接続したギターがいわゆる”エレキギターサウンド”とは程遠いものであるという、どなたも一度は経験した事からも明らかです。
PL-1はキャビネット+マイクエミュレーターを装備し、スピーカーキャビネットから出力されるギターサウンドをマイクで拾ったサウンドをエミュレートします。マイクの特性はCOUNTOUR(中低域、中高域)、EMPHASIS(高域)でバリアブルに調整が可能なほか、スピーカーに対するマイクセッティングを調整するAIR / BITEスイッチもフレキシブルなサウンドメイキングに一役買います。

また、他のキャビネット+マイクシミュレーションを接続する場合、IRによるレコーディング・アンプのプロファイルなどに使用する場合にはアンプの特性をダイレクトに出力することも可能です。

●ヘッドフォンアウト、プログラムインプット、ヘッドフォン用エフェクトループ
真空管アンプの魅力をスピーカーを鳴らさない (鳴らせない) 環境でも正確にLINE出力する。全てのギタリストが望みながらも、どこかで妥協を余儀なくされていたプロセスをVHT創設から30年、数々の真空管アンプをミュージック・シーンに送り出してきたSteven FryetteがPL-1という形で解決しました。

アンプデザインのジーニアスでありながら、1人のギタリストでもある彼が考案したユニークな機能は、レコーディングやライブパフォーマンスといったプロフェッショナルなシーンだけでなく、深夜でもリアル真空管アンプのサウンドを楽しみたいというパーソナルなデマンドにも行き届いています。。プラクティス用のマイナスワン音源、フレーズコピーのための音楽ソース、外部音源を入力可能なプログラムインプットは、エフェクトループに接続したエフェクトサウンドとともにヘッドフォンアウトのみから出力されるためステレオソースに対応しています。

●FEATURES

最大200W出力のアンプに対応
接続するアンプのスピーカー出力インピーダンスは4、8、16Ωから選択可能
接続したアンプの高音域と明瞭度、低音域の音圧と奥行きをそれぞれ三段階のボイススイッチで調整
CONTOUR : スピーカー特性のシミュレーションを調整することで、CAB+MICエミュレーターの周波数特性を調整
EMPHASIS : マイク特性のシミュレーションを調整することで、CAB+MICエミュレーターの高音域を調整
AIR/BITEスイッチによりマイクのセッティングポジションを切替
CAB+MICエミュレーターをOFFにし、外部シミュレーターやIRの使用が可能
リアクティブロードのみを使用する場合は電源供給無しで動作
CAB+MICのエミュレート、ノンエミュレートそれぞれの専用アウトプット
ステレオ音源の再生が可能なPROGRAM INPUT、エフェクトループ搭載ヘッドホンアンプによりヘッドホンでの自宅練習が可能

●SPECIFICATIONS

POWER REQUIREMENT :12V DC
IMPUT IMPEDANCE :4Ω / 8Ω / 16Ω (selectable)
DIMENSIONS :9.1cm(H) x 21.8cm(W) x 15.7cm(D)
WEIGHT :1.8kg