ミュージックランドKEY
SEARCH
検索
   ログイン    こんにちはゲストさん    新規会員登録
カートを見る マイページ ヘルプ
ホーム 店舗のご案内 全国キャンペーン 専門コーナー イベント スタジオ WEBショップ
渋谷店 からのお知らせ
クレジット金利1%実施中!
Webクレジットでラクラク分割払い
お知らせ一覧
渋谷店 新着商品
新着商品の続きを見る

?迎使用???
渋谷店 Facebook

渋谷店 Twitter
渋谷店 Blog
enjoy your music life
Staff Blog
Roland Planetスタッフブログを見る
携帯サイト
携帯サイト
渋谷店の新着情報をお届けしております。
www.musicland.co.jp/mobile/
store/campaign/shibuya/
スタッフ募集中
■楽器販売スタッフ募集中!!
元気なアルバイトスタッフ募集中。
20才以上で健康な方。
楽器販売です。明るく元気なスタッフをお待ちしております。
※履歴書ご持参の上、面接をさせていただきます。
日時をご連絡させていただきますので、まずはお電話下さい!!

TEL 03-3354-3355
担当:宮本(ミヤモト)まで

※商品に関するお問い合わせは、
03-3463-0606へお願い致します。

渋谷店 トップ > キャンペーン情報 > Nil guitars 6感を揺るがすNANAGEN SERIES!! NiL GuitarsとミュージックランドKEYとのコラボレーションから生まれたシリーズ完成!!
Nil guitars 6感を揺るがすNANAGEN SERIES!! NiL GuitarsとミュージックランドKEYとのコラボレーションから生まれたシリーズ完成!!
「NiL GuitarsとミュージックランドKEYとのコラボレーションから生まれたシリーズ完成!!」
CM製作や著名アーティストのPVを手がけてきた、コンセプトデザイナー「武藤公一」が
「最良な音を奏でる、完成度の高いギターを製作する。」
自らの為にはじめたギター創りをきっかけに「様々なギタリスト達にも是非弾かせてあげたい。」という思いで、スタートしたブランド「ニル」。

より良い音を追求、拘り抜いた最高級のマテリアルスペック。
高級感溢れる仕上がりとプレイアビリティ。
その全てを凝縮したギター”ニル・ギターズ”

ヴィジュアルもニルにとって最重要な要素。
トラディショナルなギタースタイルを継承しつつ、ファッショナブルでボディーコンシャスなボディデザイン、”LOVE&PEACE”のメッセージが込められた、独創的なヘッドシェイプ。
そして何と言っても、一度見ると忘れられない印象的でエモーショナルなピンクフィニッシュ。

「ニル・ギターズ」は様々なジャンルのギタリストからのリクエストも多く’07年9月からはメインモニターとも言える「ISAO」と「シェイン・ギブソン」が7弦カスタムモデルを使用、更に中川翔子のサポートを勤める「加藤大祐」もPVをはじめTV等でニル・ギターズを愛用している。
NiL guitars Swell Glamorous Top Tiger webで購入の方はこちら

NiL guitars Swell Serious Top NiL Pink09 webで購入の方はこちら

NiL guitars Ripple Serious Top "RED COMMET" webで購入の方はこちら


名前のごとく妖艶な曲線美を持ったグラマラストップ!!
もともとはKORNのサポートギタリストとしての活躍や数々のセッションワークで知られる
シェーン・ギブソンのシグネイチュアーモデルとして開発されてきたボディスタイルでもある。

プロトタイプ時よりは薄く仕上げられたが、それでも肉厚なマホガニー/メイプルの重量級ボディ、そしてセットインされるマホガニーネック。指板には良質なエボニーを採用し、抜群の粒立ち良いトーンと重厚なボトム、かつ潰れないサウンド獲得しています。

NiLギターズの登場により、再び熱くなりつつある7strings Guitar界ですが、もはや新参メーカーながらも確固たる地位を築き始めたNANAGENシリーズ、今後とも目が離せません!!
華麗なルックスに翻弄されると、このギターの核心には迫れません。
ヘヴィオンリーな画一的なコンセプトに惑わされる他社製品とは違い、よりアーティスティックな方向性を見据えたハイエンドなクォリティ、スペックを実現し、アーティストの創造性を拡大する道具となり得るNANAGEN!!

その実力は、是非渋谷店店頭にてお試し下さい!!

spec.
●Body Shape : NiL-1
●Body Top : Flame Maple Arched Top With Scrape Binding
●Body Back : Alder 2-Piece 40mm
●Scale : 25.5inch (648mm)
●Headstock : Flame Maple
●Neck : Maple 2-Piece, 22F.
●Fingerboard : Ebony 400R
●Nut : Bone Nut
●Neck Joint : Set-Neck
●Tuning Keys : GOTOH SG360-07/CK
●Pickups : MR.T RED-7 (Front & Rear)/MR.T PURPLE-7 (Center)
●Controls : 1 Volume(with Tap Switch)/1 Tone(with Center Pickup On/Off Switch)/3-Way Pickup Selector
●Bridge : Tune O Matic 7-Strings
●Hardware : CK
●Other : Switch Craft Jack/Orange Drop Capacitor



大阪府出身。
16才の頃ギターを友達の影響で始める。高校卒業と同時に上京。
上京後、インストゥルメンタルバンド『Bright-NOA』で和田アキラプロデュースのもと、BMGファンハウスよりデビュー。
バンド解散後、ソロギタリストとして六本木PIT INNを中心に 活動を開始。
和田アキラ(G)、永井敏己(B)、長谷川浩二(Ds)、小森啓資(Ds)、大橋イサム(G)など沢山の有名ミュージシャンと共演する中、六本木PIT INNでのカウントダウンライブや年始のスペシャルセッションなどにも参加。
一方では音楽専門学校のギター講師を5年間に渡り勤めるなど、若いミュージシャンの育成にも携わる。
2004年、幾度となく共演してきたIKUO(B)長谷川浩二(Ds)と共にテクニカルヘビィロックバンド『Cube-Ray』を結成。その後まもなくファーストアルバム『Cube-ray』をリリース。トリオ編成とは思えない重圧なサウンドと三人の熟練されたテクニックが融合したこのアルバムは話題を呼んだ。『Cube-Ray』のツアー、レコーディングなどのバンド活動と平行して、自身のインストゥルメンタルプロジェクト『Spark7』でも吉祥寺Silver Elephantを中心に精力的に活動する。
この『Spark7』においては大高清美(Org)、菅沼孝三(Ds)、坂東慧(Ds)、河野啓三(Key)、矢吹卓(Key)、岡田治郎(B)、瀧田イサム(B)など様々なミュージシャンと共演。また熊丸久徳(Ds)とのユニット『I.K Groovin'!』でも横浜Hey-Joeをホームにマンスリーでライブを行う。
2007年3月、初台Doorsで開かれたライブ『Spark777』において、総勢10名のミュージシャン(熊丸久徳、長谷川浩二、永井敏己、IKUO、村井研次郎、山田章典、米川英之、大橋イサム、柴崎浩)との共演を最後に、日本からアメリカ、ロサンゼルスに活動拠点を移す。
渡米後、Kornのギタリストとして抜擢されたShane Gibson(G)と出会い、同年Japanツアーを行う。Young Guitarの教則DVDにもShane Gibsonと共に出演。
2008年に入って、ロザンゼルスで知り合ったKai Kurosawa(Warr Guitar)、そしてDavid Lee Roth BandのギタリストToshi Hiketaとも共演し、同年1月にアナハイムで行われたNAMM Showでもテモンストレーションを行うなどその活動の幅を広げている。
現在、ロサンゼルスを中心に活動中のロックバンド『The Faded』のギタリストとして活躍する一方、自身のインストルゥメンタルのプロジェクトでも活動をしている。


使用機種
ISAO:NiL NANAGEN Ripple Serious Top“REDCOMET”

SHANE GIBSON
アメリカ・ルイジアナ州生まれ、フロリダ州育ち、ロサンゼルス在住のギタリスト、シェイン・ギブソン。
一度聞いたら忘れない彼の痛烈で鬼のように激しく独特な楽曲に音速で豪快なギターをのせた音楽は世界中のファンからの絶大な支持を得ている。
KoRn のツアー・ギタリスト、そして KoRn の Vo.のジョナサン・デイヴィスのソロ・プロジェクトのリード・ギタリストとして2007年から名を揚げてきた シェインだが、彼自身のソロ/バンド活動は幅広い。
ギター歴15年のベテラン、シェイン・ギブソンはコンテンポラリーミュージックのジュリアードと言われるボストンのバークリー音大卒。入学にあたり Berklee's BEST Guitar 奨学金を獲得。ジョー・スタンプ、ジョン・フィンのもとでギターを学ぶ。在学部1人のみに与えられる Gary Burton 奨学金を獲得。卒業時に優等学位受理。彼は出身のフロリダ、大学時代のボストン、そして現在ロサンゼルスで数々のバンドで活動してきた。若干16歳では西フロリダのバンドコンペティションを総なめにしている。
シェインの稀に見る才は KoRn の Jonathan Davis, Munky, と Fieldy, そして Jason Becker, Rusty Cooley, Marty Friedman, Jon Finn, Doug Stapp, Joe Stump, Ron Thal aka Bumblefoot, など各界の巨匠が絶賛。 2007年のKoRnの全米ツアーの際は彼の才能を見込んでかコンサートの前日にジョナサンがシェインを大抜擢。14時間で17曲を覚えスタジアムでのショーを 成功させた。2008年には緊急事態のためヨーロッパツアーを一時抜ける事を余儀なくされた KoRnのMunkyからリードギタリストという大役を与えられている。
現在プログレバンドの Stork「ストーク」(Shane Gibson(G), Thomas Lang(Dr), Kai Kurosawa(B)。2008年末にアルバムリリース予定。 ), メタルバンドのDefable「ディフェイブル」, そして秘蔵の新プロジェクト、 Schwarzenator 「シュワルゼネイター」の3バンドで活躍中。全てのバンドでの作曲の大部分を 彼が手掛け、シェインのユニークな音楽は多数のファンの心をつかんできた。主にハードロック・ヘビーメタル・プログレのジャンルで活躍中だが、どんな ジャンルもこなしてしまう多面的な才能をもつ。セッションプレーヤー としても活動中。
シェインの音楽とギターは世界的に有名な ポール・ギルバート、マーティー・フリードマン、イングヴェイ・マルムスティーン、リッチー・コッツェン、 トニー・マカルパインなどを発掘し育てた、かの有名なレーベル、Shrapnel Records の社長 Mike Varney の耳に留まり、シェインに惚れ込んだ Mike は、 詳細は未定だが Shrapnel Records からリリース予定の 新プロジェクトのギタリストに抜擢した。
KoRn と KoRn の Jonathan Davis のツアーの多忙なスケジュールの中(現在ジョナサン・デイヴィスのバンドでヨーローッパ・ツアー中)、シェインは彼を サポートしてくれる Fuchs Amps、Carvin Guitars、Nil Guitar、Dean Markley Strings、そして CurtMangan Stings をプロモートしながら コンサート、 セミナーなどをとりいれた海外や米国ツアーを精力的に行っている。 日本がお気に入りのようで 何度も来日している。その際、雑誌・ヤングギターの紙面とDVDに数回にフィチャーされている。
ミュージシャンとしての活動はもとより、ギター、音楽理論、作曲テクニック、イアートレイニングなどの先生として教えてきた生徒の年齢層は、なんと9歳から96歳! 初心者から上級者までレベルに関係なく生徒それぞれにあったカリキュラムで大人気の先生だ。
大手ABCテレビの番組の音楽の編集を手がけたり、Guitar Player マガジンのコラムを執筆したり、 編曲者、ミュージック・エディターやコラムニストとしても活躍中。

使用機種
SHANE GIBSON:NiL NANAGEN Ripple Serious Top“KNUCKLE CHILD”

NiL モニターアーティスト(2009年5月現在)
アーティスト名 使用モデル
ISAO (THE FADED) NANAGEN RED COMET
SHANE GIBSON (KORN) NANAGEN KNUCKLE CHILD
加藤大輔 (EX Λucifer、中川翔子サポート) EMOTINAL CUPTURE ESSENSE
MARTY FREEDMAN (EX MEGADETH) VIMAGIA
KRIS ROBERTS (FUNERAL FOR A FRIEND) MONSTAGE
ERINA (DIO) NANAGEN GLAMOURAS TOP
カズト (HIGH AND MIGHTY COLOR) NANAGEN GLAMOURAS TOP
会社概要 サイトマップ お問い合せ プライバシーポリシー 特定商取引方に基づく表記 古物営業法に基づく表記
Copyright(c) Musicland INC. All Rights Reserved