Realdeal

半世紀以上もの歴史の中で、ヴィンテージ・ギターのサウンドが高く評価されるようになったのは70年代後期。 「ヴィンテージ・ギターのサウンドを再現したい」という思いは、多くのギタリストの願いであり、ギター製作者達の長年の夢でもあります。今も尚、ヴィンテージに拘る世界各国のメーカーやギター製作者達が、ヴィンテージ・ギターならではの魅惑のトーンを研究し続けています。

そしてここに、ヴィンテージマニアによる飽くなき探求心と長年の拘りが生み出した真のVintage Cloneブランドが誕生。

Realdeal(レアルディール)……

その名の通り「本物」のヴィンテージ楽器を探求し、リアルなディティールを如何に楽器として再現出来るかを追求。厳選したヴィンテージ楽器を元に、外観や演奏感は当然の事、 製作技術までも一から紐解き、「木材、木取り、ボディ形状、ネックシェイプ、 ネックの仕込形状やトラスロッド、スケール、接着、塗装方法からピックアップ、ハードウェア」に至るまで、細部に渡り徹底検証。

エグゼクティブプロデューサーには“The Gibson”の執筆/監修をおこなったVintage Guitars「高野 順」氏を迎え入れました。ここ十数年で起こった国産ハイエンドの火付け役でもある我々がヴィンテージ・サウンドにあらゆる角度から徹底的に拘った、 ミュージックランドの新プロジェクトがベールを脱ぎました。

Introduction

G社が1958年に発表、当時ソリッドギターにアコースティック・サウンドをの要素を融合さるべく「セミ・アコースティック」という独自の構造を生み出し、 画期的なデビューを果たしたそのギターは、JazzやBluesといったクリーンなギターサウンドの時代から、Eric Claptonをはじめとするギタリスト達が確立した初期のドライブ・サウンドを経て、その後、Larry CarltonやLee Ritenour等によりフュージョン・シーンでも多用されました。そして現在も、ジャンルにとらわれないスタイルで世界各国の様々なギタリストに愛用されています。

中でもヴィンテージ・ギターファンからひときわ高い人気を誇るのが、58年から60年後期のわずかな期間に生産された「ドット・マーカー」「ロングガード」仕様。今回の「Realdeal 1959 ES Perfect Reproduction」では、数本の58、59年製のヴィンテージ実機の中から、59年後期の個体 (Seriel #A33022)を基に徹底検証、再現しています。

Manufacturing Method

時を経て現代に蘇る製法

最大の難関はボディ形状。通称「ミッキーマウス・イヤー」と呼ばれる初期型のカッタウェイ形状は国内工房にある既存のボディ型では再現不可能だったため金型から製作。この年代特有のホーン形状、ふくよかなアーチ、美しいウエストラインまで完全に再現しました。

59年頃のネックは58年の肉厚なシェイプに比べ、手に馴染むスリムネック。ローからハイポジションにかけての微妙なネック厚やシェイプはもちろん、フレットエッジバインディング、ネックバインディングに大幅に丸みを付けたロール加工により、ストレスのない滑らかなフィーリング、グリップ感を実現。ネックの剛性を高めるべく、トラスロッドには一般的に国内で使用されるものより細く撓りの良いものを採用。仕込み用に専用の加工刃物まで準備し、ロッドのピークポイントを計算、しっかり湾曲させ船底型の溝に仕込んでいます。

ヴィンテージマニアの間では幾つかのパターンが存在すると言われている「ヴィンテージスケール」は、モデルや年代によって微妙にスケールが異なります。これは現行リイシューモデルでも再現されておらず、一般的なミディアムスケール(628mm)で製作されているギターがほとんど。弊社はヴィンテージ実機を検証し、1f〜12fまでと12fから最終フレットまでのスケールは比率が異なることに着目、単なるミディアムスケールではないこのスケール(本企画で「コンビネーション・スケール」と命名)を採用することにより、ヴィンテージ・フィーリングを追求しました。

ジョイントはディープジョイント仕様。センターブロックは58〜64年までに多いソリッドタイプ(スプルース/メイプル/スプルース)を採用、キャビティ部がくり抜かれた64年以降の仕様に比べ、豊かなサスティーンと倍音が特徴。

ヘッド角度は17°に拘り、トップの突板にはホーリーウッドのべニアプレートを採用。両側の補強材の厚み、ヘッド先端に向け薄くなるテーバード・ヘッドストックも完全再現。

「鳴り」を追求した拘りの接着、塗装方法

近年では手軽に入手可能かつ扱いが容易な点から木工用ボンドによる接着が主流ですが、これにより弦振動を損なう事も少なくありません。Gibson社による現行リイシューモデルでも2013年から再現されはじめたハイドグルー(にかわ)接着は、古くはヨーロッパから長い歴史があり、高級家具、工芸品や様々な弦楽器にも用いられ、木の接着においては木工用ボンドよりも接着面が強固かつ劣化しにくいことが証明されています。

この伝統的なハイドグルー接着をもとに弊社では長年の研究を重ね、より強度の高い独自の接着方法「F.A.H.A」を完成させました。湯煎や温度管理の必要性があるハイドグルー接着より、さらに手間と技術を要する接着方法です。ネックジョイント、指板、トラスロッド溝、その他接合部のすべてにこの「F.A.H.A」を採用することで接着部分はより強固になり、ネックからボディへの弦振動をダイレクトに伝え、サウンドにも多大な影響をもたらすことに成功しています。

ルックスはもちろん、サウンドにも直結する塗装方法。ネック、ボディ側胴部には当時と同様「アニリンダイ着色料」を使用。アニリンダイ着色料を加えた独自の溶剤を木部の導管に手作業で刷り込んでいます。鮮やかで立体感のあるアニリンダイが程よく調合し、ヴィンテージならではの色合いや質感をリアルに再現。また、その他の塗装個所にはポリサフェーサーは使用せず、 当時のラッカー成分に近い塗料を下地からニトロセルロースラッカーにて塗装。オールラッカーと言えど、近年はポリサフェーサーを使用するラッカーが多く存在しますが、木の鳴りを充分に活かす為にこの方法は欠かせません。

Selected Material

しっかり熟成し、厳選された木材

ボディトップ/バックのプライウッドは鳴りと耐久性を検証し、最も多い仕様である3-ply(メイプル/ポプラ/メイプル)ではなく、59年製の中でも稀にみる4-plyを採用。また、中心の木材は通常ポプラ材が多いですが、今回は熟成したマホガニー材を採用した4-ply(メイプル/マホガニー/マホガニー/メイプル)構造。プライウッドのメイプル部分には、58〜59年の間に多く見られるブリスター杢が浮かび上がる材を採用。

ネックは目の詰まった硬質なホンジュラス・マホガニーの1ピース材。一般的なマホガニー材は軽くて柔らかく高域成分が丸い、低音が太いと言われていますが、本モデルのホンジュラス・マホガニーは中低域の倍音成分が豊かで高域帯がさらに引き締まった理想のマホガニーサウンドを持ち合わせています。指板は1枚ずつタッピングを行い、硬質でより金属のような響きを持つ、現代のローズウッドでは味わうことの出来ないオールドグロウスのブラジリアン・ローズウッド材を選定。

ホンジュラス・マホガニー、ブラジリアン・ローズウッドは共に、楽器の材料としては高級かつ定評のある木材として知られていますが、近年は楽器として使用可能になるまでの時間短縮のため、乾燥釜で一気に含水率のみを調整した材を使用するメーカーが多くなってきています。これにより、銘木を使った高級楽器自体は意外と入手しやすい傾向にありますが、当プロジェクトの様に木材の熟成まで考えて組上げられたギターを入手することは実は容易ではありません。

形状から素材まで徹底的に拘ったハードウェアパーツ群

金属パーツのニッケルメッキは当時のGibson社と同様に下地に銅処理を施さない工程を採用。

ブリッジはダイカスト製法によるチューン・O・マチック仕様のABR-1タイプ。弦振動を直接受けるため、サウンドに大きく影響するサドルとスクリューにはベース部分の素材とは異なる特殊なブラス材を採用。テールピースも重量、音響特性にまで拘ったダイカスト製、専用のスタッドはもちろんロングサイズ。

トラスロッドはインチ規格のチューブレスタイプ。さらに特殊加工まで施し、埋め木を傷めずロッドの効きを向上させています。

フレットは当時に形状が最も近いJim Dunlop #6140。現存するフレットの中でも硬度が高い部類ですが、さらに特殊な「硬化処理」により硬度を約10%を高め、より当時のものに近づけることに成功。ヴィンテージ同様の音質と演奏性を演出しています。

ペグにはポストからウォームギア、ワッシャーまでブラス素材を採用。ブラス削り出しにて製作したチューナーブッシュと組み合わせることで、音響特性が向上。ヴィンテージトーンを追及する上で欠かせない組み合わせと言えます。

金属パーツ以外も、手作業による加工を施したエスカッションやスイッチチップ、当時の成分を分析し同素材を使用したボリューム・ハットノブ、58〜60年型に見られる変則的な厚みや角度、ネジ穴まで再現した「5-ply ロングピックガード」など拘りのパーツ群。

ジャックは硬度もメッキの厚味も現行スイッチクラフトとは一線を画すデッドストック品。ポットにはUSA製 CTS 500kΩ (NOS)を採用。全ての配線材とハンダにもヴィンテージ素材を使用しています。

Pickups

K&T IMD59 Limited w/Alpha 1194 vintage wire

ルーツはVINTAGE PAF。1959年製のPAFの中でも、最もミッドが強くパワーがありキャパシタンスが高くないモデルをサンプリング。さらに高野氏の拘りをプラスした限定モデル。

まずは「低炭素スラッグ」。その名の通り、低炭素素材をポールピースに採用する事で磁界を狭める事に一役かっています。次に、「セルロースボビン」。酢酸セルロースのボビンは静電負荷が少なく、音のイメージはクリアで締まった印象になります。通常のABS樹脂のポールピースからセルロースボビンに変更すると音が少し硬くなった印象になりますが、その点も踏まえてワウンドパターンを変えています。そして、極め付けは「コイル」。K&Tの中でも皮膜の厚いFATコイルがありますが、今回は芯線の径と皮膜のバランスが非常にレアなコイルを採用。「クリアで歯切れの良いトーン」、「低域がありながらも高域のヌケがあり、パワーがありながらも繊細さがある」、多くのギタリストが要求する黄金比の答えの1つではないでしょうか。

リード線には独自入手した希少な50年代Alpha社製ヴィンテージワイヤーを採用。ピックアップ・カバーはヴィンテージの独特な形状を再現したジャーマン・シルバー製。

※一部ヴィンテージパーツに関しては数に限りがあるため、変更となる場合があります。

Realdeal
1959 ES Perfect Reproduction

¥678,000- (tax included)

初回生産分残りわずか
※次回生産未定

ご予約、ご注文はこちら

Specifications

  • Body Top & Back : 4-Ply (Blister Maple / Mahogany / Mahogany / Blister Maple)
  • Body Side : 3-Ply (Blister Maple / Beech / Blister Maple)
  • Center Block : Spruce / Maple / Spruce
  • Headstock Veneer : Hollywood
  • Neck : Honduras Mahogany 1P
  • Fingerboard : Brazilian Rosewood / 305R
  • Position Inlays : Pearloid Dot
  • Scale length : 24 9/16" (623.8875mm) / Combination Scale
  • Nut : Non Remove Fat, Non Bleached Bone Nut
  • Fret : JimDunlop #6140 (Hardening treatment) / 22F
  • Machine Head : KEY'STONE GSS-DLX/NICKEL 3/3
  • Tuner Bushings : KEY'STONE '50s Vintage Replica Tuner Bushings/Nickel 6
  • Truss Rod Cover : Vintage Clone Type
  • Pickups : K&T IMD59 LIMITED w/Alpha 1194 vintage wire
  • Bridge : ABR-1 Vintage Clone Bridge
  • Tailpiece : Vintage Clone Lightweight Tailpiece
  • Controls : 2 Volume, 1 Tone, 3 pos Switch / Vintage CTS 500kΩ
  • Output Jack : Switchcraft L-11 / NOS Vintage Mono Jack (made by Raytheon)
  • Finish : Special Lacquer Finish (Neck / Body Side Aniline Dye)
  • Case : Hardcase

Color Variations


  • Sunburst

  • Natural