次代のニュースタンダードとして多くのギタリストに愛されているPaul Reed Smith(PRS)。

美しい曲線を描くアーチトップボディ、PRSの象徴となっている指板のバードインレイ、そして数多くのカラー・バリエーションを持ち、サウンドと同じくらい美しく輝くように特別にブレンドされたフィニッシュを纏ったステージ映えするそのギターの歴史は、現在もPRS Factoryが立地するアメリカ・メリーランド州にあるアナポリスで、お化け屋敷のような屋根裏にあったワーク・ショップから始まりました。

Paul氏の様々なアイデアと自らの手で生み出されたギターは10年ものテストと設計変更を繰り返し、やがて、Carlos Santana(カルロス・サンタナ)、Al Di Meola(アル・ディ・メオラ)、Howard Leese(ハワード・リース)等の有名ギタリストが使用。屋根裏で手作りしていた時期から長い道のりを経て着実にフォロワーを増やし、今では新進気鋭の若手バンドから業界を席巻する重鎮バンド、多数の現場を渡り歩くスタジオミュージシャンまで、幅広い年齢層と多ジャンルに渡って愛用者を抱える世界最大級の楽器メーカーとなっています。

PRSが第3のブランドとして確固たる地位を築いたのは開発に長く時間を費やし、今なお日々とどまる事をせず進化を続け、より良い楽器を提供しようとするPaul氏の高いアイデンティティと音楽、楽器への深い愛情からに他なりません。

「とんでもない才能をもったチームを持つことができてラッキーだと感じている。職人やアーティストだけではなく営業、マーケティングやその他の人達。そして同じ思いをもって働いてくれる全ての人々。私達は演奏してくれる人たちに知って欲しい、古いPRSのギターがどんなに素晴らしくても、新しいPRSのギターはそれよりも素晴らしいもので、そうあるように努力し続けていることを。」 - Paul Reed Smith

このページを見ていただくことできっとPRSの造詣の深さ、キラリと光るセンスに触れていただけることでしょう。各店のストック状況も一目瞭然になっております。

MUSICLAND KEY PRSディーラーショップにはPRS国内担当より研修を受け、EXPERIENCE PRS IN U.S.Aにも参加経験のある専門スタッフが常駐しております。熟練の知識と万全のセットアップで貴方のお探しの1本をしっかりコーディネイトさせていただきます。PRSギターをお探しの際は是非お立ち寄りください。

Paul Reed Smith Custom 24 "Vivid Birds Stone"

ボディカラーとマッチングさせたストーンインレイをはじめ、Private Stock、Wood Library、Artist Packageのみに使用される特別なマテリアルを採用したスペシャルな“Custom 24”モデル誕生。

  • Custom 24/22
  • CE 24
  • Other Model