Crews Maniac Sound / K&T KTR ST60's with NFS 60

60年代のストラトに対して多くの方が求めるスラブボード期のトーンを再現した、KTRシリーズのK&Tピックアップ搭載STモデル。

国産《Made in Japan》に拘り、その価格帯では不可能とされてきた“何もあきらめない本当の楽器作り”を実現した、私達が考える“良い楽器”を提案するKTR(Key to the Rock)シリーズ。楽器作りのマイスター「Crews 吉岡」氏とヴィンテージギター界の重鎮「K&T 高野」氏との夢のコラボレーション。

KTR ST60'sは、60年代初期のSTタイプを基に製作された、まさにストラトのど真ん中を行く王道の1本。丁寧に削りこみを行う事で最良のフィット感をもたらすハードメイプル・ネックに上質なローズウッド指材をフラットに貼る通称“スラブ貼り”で仕上げました。ボディには厳選された2ピース・アルダー材を使用し、職人が1本1本じっくりと組込みを行うことでネックの振動を余すことなく受け止め、良質な鳴りを実現しています。

妥協なく選ばれたマテリアルを世界に誇る高き技術力を持った日本の職人が製材し、組み上げ。そこに搭載されるのは、当時と同様の製法、工法で作られる完全手巻きのピックアップ。同価格帯のハンドメイドギターとの“大きな差”は熟練の技を有した職人が掛ける時間と気使い、そして長年の経験から培われたノウハウから生まれるのです。

王道モデルだけにライバルの多い本機ですが、故に明らかな違いを体感いただけるはず。我々の本気を是非KEY各店で心行くまでお楽しみください。

K&T NFS 60

「'60sストラトと言えばこの音!!」と言っても過言ではないスラブ期ど真ん中の仕様を再現したNFS 60。

ファットでメロウなフロント、音の立ち上がりが良く情報量の多いセンター、そしてタイトでありながら豊かなボトムと高域の鈴鳴りが素晴らしいリア。以前まで搭載されていたNFS 62に比べると全体的に「やんちゃ」な印象があり、プレイヤーとのせめぎ合いを楽しめるピックアップとなっております。

高域の特性と豊かな倍音のおかげでリアでも耳に痛いトレブルは無く、攻撃的でありながらスムーズな音色。フェンダー系クリーン/クランチアンプでは煌びやかなハーフトーンや美しいコードヴォイシングが得られ、ブリティッシュアンプではヌケの良いドライブサウンドが得られます。

  • 厳選されたフルサイズの2ピースアルダーボディ。エルボー/バックコンターからも伺える美しいラインは見栄えだけでなく高いフィット感を実現。塗装は極薄の“Cloudy Lacquer Finish”で落ち着いた印象と抜群の鳴りを体感いただけます。

  • 重要な支点のひとつであるナットには無漂白・無脱脂の牛骨ナットを使用。一般的な脱脂ナットと比べ密度が高く、天然の油分によるスムーズなチューニングと安定を誇ります。また、レスポンス、サスティンにも明らかな違いが出ます。

  • ネックには厳選されたハードメイプルとしっかりと目の詰まった上質なローズウッドを使用。時間と手間をかけて仕上げられたネックシェイプとF社に比べややフラットな指板Rはスッと手に馴染みストレスを感じさせない弦高と弾き心地をもたらします。

  • 多くの現場で活躍できるスペックとして、以前よりニーズの多かった22F仕様を採用いたしました。昨今の音楽シーンのニーズに合わせて必要に迫られることが多くなったスペックではないでしょうか?

  • “本物”のトーンを探求し、好評を博している当社オリジナルブランド“the AUTHENTIC”からシリーズ内でもベストセラーを誇るブラスポストペグを採用。ブラスポストがもたらす豊かな倍音成分、サスティーンなどの音響特性の向上を存分にご堪能ください。

  • ネック調整の際、ネックを外して行うのは非常にリスキーで時間が掛かります。KTR STではヘッドトップ部から調整可能。急なネックの動きに対しても、レンチ1本でスピーディに対応できます。現場至上主義であるCrewsならではの配慮ですね。

  • 世界も目を見張る精度の高さから生まれるタイトなジョイントはネックの鳴りを余すことなくボディに伝えます。楽器作りにおいて非常にシビアなポイントであるこの部分は一際時間を掛け、丁寧に組み込まれています。

  • エレキギターの中でもネジの多いSTタイプ。特にブリッジ部はその精密さが重要であり、KTRの高い技術力を存分に体感いただけます。少しの調整で表情をガラリと変えることができ、プレーヤーの思いをより具体的にすることが可能です。是非、担当スタッフにご相談ください。

  • ヘッド裏にはクォリティーの証である“Key to the Rock”の文字がレーザーカットで刻印されています。“何もあきらめない本当の楽器作り”を目指し、実現した私たちの象徴です。


Crews Maniac Sound / K&T KTR ST60's with NFS 60

Specification

Neck : Selected Hard Maple
Fingerboard : Selected Rosewood 210R
Body : Selected 2 Piece Alder
Pickups : K&T NFS 60
Nut : Non Remove Fat, Non Bleached Bone Nut
Scale : 648mm, 22F
Machine Head : KEY'STONE FS-STD/NICKEL 6
Bridge : Gotoh GE108TS
Controls : 1 Volume, 2 Tone, 5 pos Switch
Finish : Cloudy Lacquer Finish
Case : Original Hardcase

Color Variation


  • 3 Tone Sunburst
    (3TS)

  • Black
    (BLK)

  • Candy Apple Red
    (CAR)

  • Dark Lake Placid Blue
    (DLPB)

  • Daphne Blue
    (DBL)

  • Fiesta Red
    (FRD)

  • Green Metallic
    (GRM)

  • Burgundy Mist
    (BGM)

  • Dakota Red
    (DRD)

  • Monaco Yellow
    (MYL)

  • Capri Orange
    (COR)

在庫リストを確認する