2013年の春、長らくギター市場から遠のいていた一つのブランドが返り咲きました。

そのブランドの名は
“Jackson”

1970代後半〜現在に至るまでヘヴィメタル・ハードロック界に革新を与え続けているブランド、それが
Jacksonです。

小さなギターリペア工房から始まったこのブランドを一気に世に知らしめたのは
一人の天才ギタリスト、
ランディ・ローズの登場なくしては語れません。

彼の理想を形にしたギターこそ
-ランディV-なのです。

ここからがJacksonギターの伝説の始まりです。

コンコルドヘッド、スルーネック構造、スカーフジョイントのネック、コンパウンド・ラディアス指板と
現在のヘヴィメタル・ハードロックギターの定番を作り出したのも
Jacksonです。

斬新なデザインのギター、派手なペイントのギター、常に革新的なものを世に送り出して来たJackson。
未だにヘヴィメタル・ハードロック界のギタリストに愛されるブランドが現在のギタリストに革新を与える!!

一人の天才ギタリストより受け継がれてきた血統を、素晴らしい才能を持ったギタリストと共にさらに進化すること、革新を起こすこと、

それがJacksonギターに受け継がれる血統-The Bloodline-なのです。

そして伝説はこれからも進化を続けるのです…。