メーカーに問う!!

対談リスト

ここではメーカーや正規代理店に当店スタッフが製品説明には書けない、より詳細に迫った説明、又正規代理店さんの商品に対する熱意を語って頂いております。普段聞けないお話しばかりですのでごゆっくりご覧ください。

対談 (株)オカダインターナショナル オーディオエンジニアリング事業部 千葉 成基 × MUSICLAND KEY渋谷店 和田 皓一

  • Musicland 和田(以下、和) : 今日はよろしくお願い致します。

  • (株)オカダインターナショナル 千葉(以下、千) : こちらこそお願いします。

  • 和 : 新製品「CAJ KLOTZ ケーブル」この商品の特長、拘りをお伺いいたします。

  • 千 : 今までのケーブルは太さがある為、取り回しが難しくエフェクター数が少ないければ然程気になりませんがエフェクター数が10台以上になるボードの場合はケーブルだけでも相当なスペースを必要とします。また、長さ調整をシビアに行わないと組込んでみて長さが足りず抜けてしまうなんて事もあります。そういった面からも細いケーブルを使いたいと考えていました。

    そんな時、KLOTZと知合う機会があり私の希望を満たしてくれるケーブルは無いかと色々と試している中で今回の「細く」「柔らかく」「音が良い」ケーブルに辿り着きました。

    サウンド的にはレンジが広いです。他社さんの細いケーブルは真ん中にレンジが寄っている様な気がしますが「CAJ KLOTZケーブル」は上も下も出ていて奇麗で均一に聞こえるんじゃないかと思います。

  • 和 : 確かに細いケーブルってレンジが真ん中に寄ってると言うかレンジが狭いイメージがあります。そんなイメージがあったので私は敬遠していました…

  • 千 : 「CAJ KLOTZ」ケーブルはマイクロフォニックノイズ対策の塩化ビニール皮膜を使用していませんので高音域の劣化が無く結果、レンジが広く奇麗なサウンドになっています。また、ベースの場合は低音域が無くなってしまうと困るんですが、多くのベーシストの方々にも試していただき低音域も奇麗に出ているとの感想をいただきました。そのような経緯で、このケーブルを使用する事に決定しました。

  • 和 : 次に「CAJオリジナル・プラグ」についてお聞きしたいんですが、このプラグ少し重量感があるような気がしますが、これも何か拘りがあるんですか?

  • 千 : スイッチクラフトに比べ約2g重いんです。重量を重くする事で無駄な振動を防いでいます。

  • 和 : 近年、アルミ削り出し等の軽量のもを採用しているメーカーが多く、CAJオリジナル・プラグの見た目もそんな感じでしたので、その感じで持ってみたらアレっ?と思ったので(笑)

  • 千 : そうですね(笑)

    スリーブの部分はサウンド面だけでなく機能面とデザイン面も重視しました。持った時に滑らず引っかかる様に、そして格好良くデザインしました。

    しかし、一番拘ったのはチップ部分の形状です。長年使っているスイッチクラフト製のプラグからCAJオリジナルプラグへ切り替えた際に接点不良を起こす可能性を極力排除する為にスイッチクラフト製とほぼ同じ形状にしています。

    完全一致とまでは言いませんが他社さんのものと比べても、ほぼスイッチクラフトに近い形状となっていると思います。それ以上でもなく、それ以下でもなく本当にそこの部分に拘りました。

  • 和 : 軽すぎず程よい質量を持たせて、だけど拘りはこの先端なんですね。

  • 千 : そうですね。

  • 和 : オカダさんのFacebookを拝見すると既に何人かのアーティストさんのシステムに導入されていますがその方々からの感想はいかがでしょうか?

  • 千 : サウンド面では皆さん総じて良くなったと評価いただいております。が、今までのものが悪かったのか!というと…(笑)どうしようとなりますが、「悪くなった」「戻して欲しい」と言われた事はないので「いいね」いただけてると思います。

  • 和 : そうなんですね。

  • 千 : Facebookで増崎 孝司さんが言ってらっしゃった様に「コンプ感がない」「圧縮されているところが解放された」と言うのがレンジが広くなり奇麗で均一に聞こえるって事じゃないですかね。これで今まで使用していたケーブルに対する不満点が解消されました。

    だからと言って今までものを辞め完全に「CAJ KLOTZ」へ切り替える訳ではありません。今まで親しんでいただいたケーブルも引き続き販売されるアイテムもありますので。

  • 和 : 「CAJ KLOTZ」「従来のもの」それぞれ良いところ、特長がありますね。

  • 千 : はい!そうです!

  • 和 : アーティストさんのボードを入れ替えてみて取り回し、サウンド面で千葉さん自身の感想は?

  • 千 : ケーブルが細くなった分、取り回しに自由度が増し凄く楽になりました!プラグに関しては、かしめ部分があるのでケーブルをガッチリ掴む事が出来ます。これはスイッチクラフト380には付いていないんですよ。長いストレートとL字には付いているんですが…。このかしめが無いと収縮チューブで止めても使っているうちに皮膜がズレて線が出てきてしまうんです。

  • 和 : 確かにそうですね。

  • 千 : どうしても中で動いてしまうんですよね。

  • 和 : このかしめ部分は重要ですよね。先ほどのチップ部分の形状はもちろんですが長く使用していく中で耐久性は必要不可欠ですね。

  • 千 : その通りです。

  • 和 : 当店でもオーダー受付をしているシステムのケーブルは「CAJ KLOTZ」「従来のもの」があるとすると、お客さんはどっちがどうなの?ってなると言うか間違いなく迷子になると思うんですが…

  • 千 : システムに関しては言えば完全に「CAJ KLOTZ」に切り替えます!

  • 和 : おお!!

  • 千 : ですので、この店頭システムのケーブルも「CAJ KLOTZ」に入替えますね!

  • 和 : 「従来のもの」使用のシステムを見ると確かに取り回しが大変そうですよね。

  • 千 : そうですね。窮屈に見えます…。

  • 和 : 私はあの配線を見て自分でシステム組むの諦めました(笑)

    店頭システムが完成した時、自分でもシステムを組んでみようかと思っていたんですが千葉さんが組んだシステムの様に奇麗に、しっかりと仕上げるのは無理だなと…。配線して終わりではないですし、ノイズに対する部分もありますし、色々考えると、もう千葉さんにお願いしちゃおうかなと(笑)

  • 千 : 確かに自分でやるのは大変ですよね(笑)

クリックで拡大できます。

  • 和 : 他社でも細いものやソルダレスなど新しいものが多く発売されている中CAJだけは頑に今までのもので行くのかと思っていました。なので、「CAJ KLOTZ」が出ると聞いて正直驚きました。

    で、ここまで来たら次はソルダレスなのかなと思うんですが発売の予定はあるんですか?

  • 千 : ありません!

    ソルダレスは確かに楽ではあります。が、トラブルのリスクが数パーセントでもあれば現場での使用はしたくないです…

  • 和 : なるほど。では今回のパッチ・ケーブルに続き、新たにギター・ケーブルの発売もあるんですか?

  • 千 : はい。CAJブランドの「CAJ KLOTZ」としてラインナップしていきます。

  • 和 : コラボではないんですね?

  • 千 : はい!あくまでCAJオリジナル製品としてです。

  • 発売には、まだまだ時間がかかりますが多くのものの開発が進んでいます。今後のCAJに是非ともご期待ください。

  • 和 : はい!今後のCAJ&千葉さんに期待します!

  • 千 : はい!

  • 和 : 本日はありがとうございました。

千葉 成基 / (株)オカダインターナショナル
オーディオエンジニアリング事業部 技術主任

都内某楽器店を経て1992年オカダインターナショナル入社後はCAJサウンドシステム製作に従事し400以上のシステムを製作。

和田 皓一 / Musicland渋谷店 2F担当

ギター、アンプ、エフェクター、リペアを担当。80年代HR/HM全般を好む一方で、Being系アーティスト好き。
ここ2年健康診断でNG項目が多い為、体質改善中。