メーカーに問う!!

対談リスト

ここではメーカーや正規代理店に当店スタッフが製品説明には書けない、より詳細に迫った説明、又正規代理店さんの商品に対する熱意を語って頂いております。普段聞けないお話しばかりですのでごゆっくりご覧ください。

対談 (株)オカダインターナショナル オーディオエンジニアリング事業部 千葉 成基 × MUSICLAND KEY渋谷店 下田 紀彦

  • Musicland 下田(以下、下) : 今日は宜しくお願いします。

  • (株)オカダインターナショナル 千葉(以下、千) : こちらこそお願いします。

  • 下 : まず、我々がシステムを組むのと千葉さんが組むのとは何が違いますか?

  • 千 : そうですね、決定的に言えるのはノイズ対策ですね。使用する機材の組み合わせによってノイズの出方は異なってきますのでそれをどう除去するかですね。デジタルディレイだと高い周波数がノイズとして出力されたりだとか、フェイザーもしくはトレモロなどで、うねりに合わせてノイズが乗っている事を経験された方もおられると思います。そういった場合の対策等ですね。

    それとレイアウトに関してですが、特にワウは一番ノイズが出ますね(笑)ワウはコイルが入っていますから、結局ピックアップと一緒ですよ、しかも剥き出しでシールディングされてない物もありますから!某ブランドのワウは凄いですよ!! あのノイズの拾い方は最大級ですね。多分ノイズ対策よりも音質を重視されているのではないかと思いますが。

    もちろんレイアウト等の変更でそれが出なくなるという事もあります。

  • 千 : 例えば、上記の様にノイズが出たとします、そうした際に電源を別に用意します。ラックシステムの場合ですと後ろに空間がありますので何とでもなったのですが、こういったエフェクトボードですと隙間に限りがあります。

    殆どの場合は組むエフェクターを見ればノイズが出る出ないの判断はある程度出来ますが、まずはテストを行ってから作業に入るのが基本となります。ボードに隙間が殆ど無い様なギチギチに詰め込む場合は、使用する電源機器を決定してからボードサイズを決定する場合もあります。

    グランドループに関して注意すべき点ですが、シグナルと電源からのグランドループも回避する場合があります。グランドリフトっていうスイッチが付いている機材とか目にするかと思いますが、正にそれと一緒でそれを電源でも行う場合があります。

    アイソレーションタイプの電源ですと個々にグランドが独立していますので、グランドループを心配する必要がありませんが日本の場合ですと電源アースのグランドを取らない場合が多くそこまでシビアではないですが、海外の場合ですと3Pinの電源をとるのが普通ですのでグランドループが発生しやすいです。

    最近某メーカーさんの電源でシステムを組む事がありますが、それは内部でグランドが切れる様に予めなっているのご存知でした?

  • 下 : いや、気が付かなかったですね。ちょっと今度確認してみます。

  • 千 : そうですね、正直この電源の話しは尽きないですよ(笑)、その状況で色々変えてますから、こうすればいいという正解はないですから、、、

  • チューナーを使用してる時もノイズが出るという事もありますから、、これも対応策があると言う事ですね。

  • 下 : でも、これって普通皆さんやらないですよね?それと上記の様に述べた事を行うとノイズは完璧に無くなるという事ですか?

  • 千 : そうだと思います、只ノイズを気にしない方もおられますし、出て当たり前と思っていらっしゃる方もおられますし、使用される方のストレスがないのが一番だと思いますので我々がシステムを組むのが絶対とは思わないですね。

    それとノイズですが、完璧に無くなるという事はありません、私が考えるのは例えばギターからアンプへ直に繋いだ時所謂アンプ直には敵わないと思ってます。いかにそれに近づけるかですね。

    皆さんが感じてるノイズと私が感じてるノイズは少し違うかもしれません。

  • 下 : 今回千葉さんにシステムを組み込んで頂く上で何かアドバイス等ございますか?

  • 千 : そうですね、まずはエフェクターの接続順番、例えばブースターでも歪みの前段に持ってくるのか、それとも後段に持ってくるのか、そういったのって皆さんあるじゃないですか、それを教えて頂ければ良いですね。

    逆にボードに配置するのはこちらで考えますので、もちろんこのエフェクターはボードの前に持って来て欲しいという事があれば予め指定して下さい。只、配置上それは?と言う時は相談します。

  • 下 : 後、納期ですがどれ位の目安でしょうか?

  • 千 : 作業時間はそんなに掛からないですが、その時々で別のシステムの組込みが入ってたり、プロの方のツアーが始まるとなると、大きなシステムとかでまとまった時間が必要になる場合がありますので、、、そうですね大体1ヶ月をみて頂きたいですね。

    もちろんそれよりも早めに仕上がる時もありますが、その時に要相談という事で。

シンコーミュージックよりCAJ 千葉氏とFree The Tone 林氏のシステム対談が掲載されております。 こちらもご覧下さい!!

千葉 成基 / (株)オカダインターナショナル
オーディオエンジニアリング事業部 技術主任

都内某楽器店を経て1992年オカダインターナショナル入社後はCAJサウンドシステム製作に従事し400以上のシステムを製作、先日ようやくスマホに変えてこんなに便利な物が、、と実感した所

下田 紀彦 / Musicland渋谷店 2F担当

現在ギターアンプ、エフェクターを担当する。
洋服、音楽、アウトドア好き。