メーカーに問う!!

対談リスト

ここではメーカーや正規代理店に当店スタッフが製品説明には書けない、より詳細に迫った説明、又正規代理店さんの商品に対する熱意を語って頂いております。普段聞けないお話しばかりですのでごゆっくりご覧ください。

対談 (株)オカダインターナショナル オーディオエンジニアリング事業部 千葉 成基 × MUSICLAND KEY心斎橋店 田中 貴崇

写真左から、MUSIC LAND 田中、(株)オカダインターナショナル オーディオエンジニアリング事業部 技術主任 千葉 氏

  • Musicland 田中(以下、田) : 今日は宜しくお願いします。

  • (株)オカダインターナショナル 千葉(以下、千) : こちらこそお願いします。

  • 田 : まずはじめに千葉氏が実際エフェクトボードを製作する上で心がけていることなど、具体的にお教え願えますでしょうか?

  • 千 : よく、『プロミュージシャンとアマチュアミュージシャンのシステムボードは作り分けているのですか?』と聞かれることがあります。実際はプロ用のシステムボードなどは存在しません。基本的にボードを製作する上で、プロ向け、アマチュア向けのシステムボードといったような考え方はしていませんね。プロミュージシャン、アマチュアミュージシャン問わず、システムボードを製作させて頂いております。

    一番気をつける点としましては、エフェクターの配置です。エフェクターを置く場所によってはノイズを発生させる原因になる事もあります。特定のエフェクターをオンにした時だけノイズが発生してしまう事も。電源周り(アダプター付近)の周辺に置かれたエフェクターはこのような症状が発生しやすいですね。この点は特に注意して組み込みます。

  • 田 : 操作性を考えつつも、ミュージシャンの意見も取り入れるのはすごく大変なことですよね。

  • 『このエフェクターは絶対ここに置いてください!!』みたいな事を言われる事も多いのではないでしょうか?

  • 千 : そうですね。しかもシステムボードの場合、決められたボードのサイズ内に収めなければなりませんから。先ほども申し上げました、電源周りにエフェクターを置く場合、ある程度距離感をとらなければなりません。また、エフェクター同士の感覚が狭すぎるとノイズの発生源となったり、いろんなトラブルの原因となるといっても過言ではありませんから。

  • 田 : システムボードにタイトに組み込まれたエフェクターボードをみた事があります。見た目もインパクトがあってかっこいいのですが、やはりノイズやトラブルになることもあるんですね。

  • 千 : お客様から『隙間なくタイトに組んでください』という要望を受けたこともあります。インパクトはあってかっこいいのですが、ボード内のエフェクターを大きさの異なるエフェクターに変更したいときにボード内に収まらなくなってしまいます。ある程度、システムボードのエフェクターに変更がある事を想定して製作しますね。

  • 田 : では、なるべく大きなボードを選んで、配線やエフェクターの間隔も広く取るのがいいのでしょうか?

  • 千 : エフェクター同士の間隔をあけて組み込むと、どうしてもボードのサイズが大きくなりますよね。しかし、大きくなればなるほど持ち運びが大変になったり、限られたステージの広さに対応できなくなる事もあります。なので、エフェクターボードのサイズを大きくすればいいという訳ではないと思います。

  • 田 : システムボードに組み込む時は、利便性を考えながらもボードのサイズにも気を配らなければならないのですね。確かに大きなボード持ち運ぶのはとても大変ですよね。

  • 千 : あるアーティストに製作したボードの中で、システムボードのサイズをコンパクトにする為に、ボリュームペダルを入れないものを製作しました。しかし、地方のライブハウスに着いてからボリュームペダルが無いことに気が付いたんですよ。

    システムボードを組む利点は、機材のセッティングが容易になる点も一つです。例えば、システムインターフェイスのINとOUTにシールドを挿すだけでいい状態になっているとか。そうすることにより、ストレス無く自分のプレイに集中できるわけです。

    システムボードを小さくしたことによりエフェクターを忘れてしまうというのは自分のプレイが100%発揮できないわけですから。コレは本末転倒ですよね。

  • 田 : そうですね。自分の思い通りのプレイが出来ないって、ストレスになりますから。

  • 千 : 毎回必ず使用する機材はボードに組み込んでおいたほうが配線ミスなども含め無用なトラブルも防ぐことができますね。

    後にボリュームペダルを一回り大きなボードに入れて組み直しました。

  • 田 : あと、お客様からの相談でも多いのが『ノイズ対策』です。

  • 千 : ノイズを防ぐ方法として、エフェクターの電源をどのようにとるかで事前にノイズを防げることもあります。エフェクターによってはノイズが出やすい物もあります。ノイズが出るエフェクターが悪いわけではありません。

    例えば、システムボード内にノイズが出やすい物と出にくい物が共存する場合、別々の電源(パワーサプライ)から取る事もあります。そうする事によって干渉ノイズを少しでも減らす事が出来ますから。先程申し上げたパワーサプライとエフェクターの距離感をある程度とるのも重要ですね。

    今のノイズでお悩みの方はこの方法を試してみてください。

  • 田 : 現在、発売されているエフェクターの中には様々なタイプが存在しています。エフェクターによって使用できるアダプターの種類も変わってきますよね?

  • 千 : はい、勿論です。アダプターといっても色んな種類のものがあります。9VDC、12VDC、18VDC、9VACなど。「自分の持ってるエフェクターはどれが適応なのか?」を知っておくことが大事ですよね。

    近年、マルチストンプボックス系のエフェクターを使用される方が多く見受けられます。例えばEventideのTimeFactorやModFactorなどです。 こういったタイプのエフェクターは専用アダプターの場合が殆どです。

    エフェクターには、適切な電源を与えてあげることが大切です。

  • 田 : それはどのようにして判断すればよいのでしょうか?

  • 千 : はい。取扱説明書に記載されていたり、アダプター差込口に適切な電圧(V)と電流(A)が記載されていたりします。弊社の取り扱い商品CAJ POWER BLOCKSシリーズのアダプターには、どのエフェクターに使用できるのかが細かく記載されていますので分かりやすいと思います。

    きちんと規定を守らないとエフェクターの故障にもつながりますから。

  • 田 : その他の方法でノイズを減らす方法はありますか?

  • 千 : もし、今エフェクターの配列が全て直列に繋がっているならルーティングコントローラーを導入するのもおすすめです。

    直列繋ぎからルーティングシステムを使用した接続方法に変更する事により、ノイズが軽減する場合もあります。また、ルーティングシステムを導入する事によりワンアクションで複数のエフェクターのON/OFFが可能です。弊社、取扱商品にCAJ LOOP and LINKというループスイッチャーがあります。

  • 田 : 3つ以上のエフェクターを同時にコントロールするって大変ですよね。ソロになるとブースターとディレイとイコライザーを同時になんて。。。プレイに集中できなくなりますから。

  • 千 : 以前、柳島氏との対談でスイッチャーについてはお話しさせて頂きましたね。(対談の模様はこちらでチェック!!

    CAJ LOOP and LINKは、音質を変えずに音幹を強化する“リアルバッファー”を搭載しています。これにより音質劣化やノイズ干渉を防ぎ、クリアで抜けの良い音を提供できます。

    CUSTOM AUDIO JAPAN RS616のサウンドクオリティを継承しているのもポイントです。RS616の機能をある程度削ってコストを抑えたモデルがCAJ LOOP and LINKです。

    しかしサウンド面では一切妥協はしていません。我々が培ってきた知識と経験をもとに商品化しましたから。シンプルでいてコントロールし易い、それでいて必要十分なスペックが揃っているという事を常に考えています。

  • 田 : 本日はありがとうございました。

  • 千 : こちらこそありがとうございました。

千葉 成基 / (株)オカダインターナショナル
オーディオエンジニアリング事業部 技術主任

都内某楽器店を経て1992年オカダインターナショナル入社後はCAJサウンドシステム製作に従事し400以上のシステムを製作。

田中 貴崇 / Musicland心斎橋店

MI JAPAN大阪校GIT科卒業後、現在の仕事に付く。ラックシステム構築の経験を活かしMusiclandではラックエフェクター、サウンドシステム構築を担当。自身のシステムにもラックエフェクターを使用するなど大のラックエフェクター好き。

CAJ System Gallery

これらのシステムは千葉 成基氏によって作り上げられた作品です。

  • もっと見たい方はコチラへ!!

CAJとは?

1980年代から数多くのトップギタリストのサウンドシステムを設計/製作しているスペシャリスト、ボブ・ブラッドショー。彼が手がけた独創的なプロダクツは、CUSTOM AUDIO ELECTRONICS=CAEというブランド名とともに世界中のプロフェッショナル達に認知され、高い評価を得ています。

その理論と知識を日本のミュージシャンに向けて提供するためにスタートしたのがCUSTOM AUDIO JAPAN=CAJです。さまざまなアンプやエフェクターで構成されたギターサウンドシステムのポテンシャルを最大限に、かつ効率良く発揮させることをテーマに設計されたCAJの製品群は、幅広いサウンドバリエーションが求められる現代の音楽シーンにおいて、その存在感を高め続けています。

CAJはCAEの理論、概念、技術を継承する唯一のブランドとして誕生しました。日本の事情に合わせた独自の製品開発を行いつつ、必要に応じてブラッドショーによるシステムデザインも可能です。

Bob Bradshaw (ボブ・ブラッドショー)

ボブ・ブラッドショー(Robert C. Bradshaw)は、大学でエレクトロニクスを学んだ後、航空機メーカー、ミュージシャンサービスセンター等を経て1981年にCUSTOM AUDIO ELECTRONICSを設立しました。エレクトロニクスを知り尽くしたエンジニアであると同時に、サウンドに対するどん欲な要求を持つミュージシャンでもあるブラッドショーは、常にミュージシャンの立場でサウンドシステムをデザインしビルドアップします。

バジー・フェイトンのサウンドシステムのビルドアップをきっかけに、スティーブ・ルカサー、マイケル・ランドウ、ダン・ハフ、リー・リトナー、ピーター・フランプトン、アンディ・サマーズ、ニール・ショーン、ブライアン・アダムス、ヴァン・ヘイレン、クイーンズライチ、スティーヴ・ヴァイ、U2、メタリカなど数えきれないほどのトップアーティストのシステムを設計してきました。