フランス製ハイエンドギターブランド“Vigier”
その中でもこれぞVigierと言ったスペックを盛り込んだExcaliber Seriesの魅力を徹底解析!!
Excaliber Series

エクスカリバー … 伝説の剣の名をもった当シリーズ。

戦士にとって剣が最も大切な武器であるのと同じく、
ギタリストにとってギターは最も大切な武器(剣)ではないでしょうか。
独自のコンセプトを元にVigierが世に送り出すこのギターはまさに最高の剣=Excaliberと名乗るにふさわしいでしょう。

日本国内ではまだ認知度の少ないブランドですが、
名だたるテクニカルギタリスト達が使用していることからもそのクオリティ、サウンドは既に実証済みと言っても良いでしょう。

ここからはVigier Excaliber Seriesの魅力に迫ります。

Excaliberの魅力を語る上で欠かせないのは数々の専用のオリジナルパーツ。
Excaliberのみならずほぼ全てのモデルにおいてオリジナルパーツを使用しています。

なぜ既製品ではなくオリジナルパーツなのか?

それはVigier独自の発想、拘りを実現する為には必要不可欠でした。
独自の発想、拘りを実現する為のオリジナルパーツ、そして熟練の職人の技術が交わり、Excaliberは世に送り出されているのです。

拘りを持って製作される各部分を解析していきましょう。



Vigierの代名詞と言える 10/90ネック・システムを採用。

いかなる環境にも左右されない耐久性を持ったこのネックは、
ギタリストをシビアなネック調整から開放します。

ネックフィニッシュには
マット・バーニッシュ・フィニッシュを採用。

ネックを汗などから守るだけではなく、自然なフィーリングの握り心地を実現。
徹底した管理のもと1本1本丹念に仕上げられたネックは絶品です。



独特なデザインのボディはコンパクトさを重視しながらもバランスのよい形状となっています。

もった瞬間に身体にフィットする絶妙なサイズとコンター加工により高いプレイアビリティを実現。

重量にも拘りを持ち、フロイドローズ搭載のcustomにおいても
4kgを超さない重量を目標に製作されています。

また塗装にも拘りをもちボディの鳴りを最大限に活かせるよう熟練のクラフトマンにより塗装されています。

ストラップピンにも工夫がされており、
金属のアンカーをボディに埋め込む事によりネジ抜けを防ぎます




10/90ネック・システムと共にVigierの代名詞であるゼロ フレット

開放弦とのサウンドバランスを整えるだけでなく、
安定したサウンドバランスを提供する為に欠かせないスペックの一つです。



シンクロナイズ、ロック式共に従来のナイフエッジではなく独自のベアリング式を採用

ナイフエッジはエッジ部分が摩耗してしまうとブリッジが正しい位置に戻らず、
チューニングの安定感が損なわれる場合があります。
そこで摩耗の少ないベアリング式を採用することにより、
さらなる安定感とナイフエッジではなし得ない滑らかなアーミングを実現しました。

またハードテイルモデルには弦がボディの中を貫通する
スルーボディ・ローディング構造
ブリッジは4本のネジでボディへ止められ、弦振動を逃がしません。



ベアリング式による滑らかなアーミングはもちろん、サドルも指板のアールに合わせてセットアップされており、
フロイドローズでありがちな各弦の弦高バランスの悪さによるストレスはございません。

通常のフロイドローズとは違う滑らかさと弾き心地は他にありません。



ベアリング式による滑らかなアーミングと弦の摩耗を抑えるローラー式のサドルを搭載。
サドルのロックさせる事も可能で、一度決めたセッティングを固定することも可能です。

さらに
オリジナルのフレックスリテイナーテフロン・ナットロック式ペグがチューニングの安定性を高めます。

徹底的な拘りによりダブルロック式では無いながらも、安定したプレイを可能にする為に重要な役割を果たすオリジナルパーツに目を向けましょう。

MACHINE HEAD
2011&2017ノン・ロッキング・トレモロをマウントしたギターのマシンヘッドには、
弦をロックすることができる
ロッキング・マシンヘッドを採用しています。

このことで、より安定したチューニングのキープが可能です。

また、このヴィジェ・オリジナルのロッキング・マシンヘッドは、
ロング・サスティーンを獲得させるために、オーバーサイズにデザインされていています
FLEXRETAINAR
ノンロッキング・トレモロが付いたギターの弱点は、チューニングの不安定さにあります。

このチューニングの不安定さは、ストリング・リテイナーのスムースさが足りないことが原因の1つです。
ヴィジェは、この問題を解決するために新しいストリング・リテイナー
“フレックス・リテイナー”を開発しました。

このフレックス・リテイナーは、
振り子時計のように前後に動き、弦との摩擦を低減する構造です。
とてもシンプルですが、その効果は絶大です。
TEFLON NUT
ブラック・カラーのテフロン・ナットは、チューニングの安定感を高める優れたナットです。

弦の滑りがとても良く摩擦を抑えることができます。

これらのオリジナルパーツとオリジナルトレモロが組み合わせる事により、
ダブルロック式では無いながらも、チューニングの安定性を高め、スムースにストレスのないプレイを実現しています。



これらの要素が盛り込まれたExcaliber

先にも紹介したトレモロのスムーズさもさることながら、ネックの握り、仕上げは絶品の域に達しています。
現場を選ばない強固なネックはシビアなネックの調整から開放されるだけではなく、
常に安定したプレイアビリティーを同時に約束します。

HSH、SSH配列のPUによる幅広いサウンドヴァリエーションも持ち合わせており、
常にベストな状態で、あらゆるサウンドに対応出来る1本となっています。


いかがでしょうか?
数々の拘りとコンセプトをもとにプレイヤーの為に作り出される最高の剣=Excaliber。

最高の1本を完成させる為の数々のオリジナルパーツと熟練の職人の技術の結晶。
名だたるギタリストが使用するこの最高のプレイアビリティーとサウンドをぜひ体感してください。







Vigierではボディカラー、パーツカラー、PGの変更等
お好みに合わせてのセミオーダーが可能です。

※メーカー指定リストの中での選択となります。フルオーダーは出来ません。

※要相談、打ち合わせ、納期要確認。

オーダー等に関するお問い合わせはこちら
●メールでのお問い合わせ:shibuya@musicland.co.jp (担当 和田)

●お電話でのお問い合わせ: TEL
03-3463-0606 (担当 和田)