ミュージックランドKEY
SEARCH
検索
   ログイン    こんにちはゲストさん    新規会員登録
カートを見る マイページ ヘルプ
ホーム 店舗のご案内 全国キャンペーン 専門コーナー イベント スタジオ WEBショップ

お知らせ & レポート
お得な情報やイベント速報。

国内最大級のショッピングサイト「楽天市場」と「Yahoo!ショッピング」にも出店中!
どちらもお買い得商品が満載!

リンク
【PR】音楽業界の求人サイトはミュージックポータル
MUSIC LAND KEY KTR PROJECT VG KTR-LG Key to the Rock Series、待望のアコースティック第二弾!!
MUSIC LAND KEY KTR PROJECT VG KTR-LG Key to the Rock Series、待望のアコースティック第二弾!!
〜Key to the Rock Series〜 “何もあきらめない本当の楽器作り”を実現した、私達が考える”良い楽器”を提案するシリーズ。現在の生産体制ではコスト計算上できないことが多いため、本当に良いものが作れないと言う事情を根底からひっくり返しました。できれば各店店頭で実際に手にとってお試しいただき、その“本気度”を体感してください。

Vintage Sunburst Cherry Sunburst Honey Tea Burst
VG KTR-LG with Semi Hardcase
VG KTR-LGの在庫リストを確認する

KTRアコースティックシリーズ第二弾!!
50年代のLGを基に製作した“KTR-LG”

KTR-45同様に、剛性もあり粘りのあるトーンが魅力のシトカスプルーストップ、サイド&バックには軽やかな立ち上がりのマホガニーを採用のLG。
小振りなボディシェイプからは想像できないような、ふくよかなサウンドを狙いました。

今回特にこだわったのはサイド材。
通常のLGだと小さいボディでオール単板仕様ですので、ミッドレンジがきつく音像が若干ぼけた感じになりがちです。

“KTR-LG”は違います。
よりトップ&バック板が振動するように、サイド材をタイトに仕上げました。
・・・そうです、サイド板はあえての“合板”に仕上げてあります。
そうする事により、より締まったバランスの良いサウンドになるのです。

もちろんネック材はKTR-45同様に30年以上自然乾燥されていた極上ストック材のマホガニーを採用。
サウンドに大きく影響する部分だけに、こだわりの材以外を使用するわけにはいきません。
やはり、このマホガニーの“カンカン”という音がKTRシリーズのトーンには必要不可欠です。

実際にビンテージのLGから採寸することで表面的な弦の“鳴り”ではなく、ボディ全体で“鳴る”楽器に仕上げています。
弾き込んだ時の深みのあるサウンドはここから生まれるのです。

あとはあなたの“音色”に育ててください。

●Top : Solid Sitka Spruce
●Back : Solid African Mahogany
●Side : African Mahogany
●Neck : South American Mahogany (30 years air drying)
●Fret Board : Rosewood (19F)
●Fret Board Width : 43.0mm / 57.0mm (20F)
●Bridge : Rosewood (Rectangular Bridge Style)
●Bracing : Foward Shifted Scalloped X
●Scale Length : 625mm
●Nut : Bone
●Saddle : Bone
●Finish : Lacquer

ブレーシング
楽器としてのトーンを決める重要なファクターであるブレーシング。
どんな楽器にしたいのか? ブレーシングで楽器の方向性が決まります。
ヴィンテージの54年製LG-2実機を検証し、ブレーシングの太さ、高さ、仕上がり具合、配置にいたるまで合わせこみを行いました。
当時の技術を再現した“フォワードシフテッド、スキャロップXブレーシング”です。

ブリッジプレート
トップ面裏、ブリッジの裏側に位置するブリッジプレートはヴィンテージ同様にメイプルの単板
当時の実機の検証の結果、通常使用しているものの約半分の幅となっています。
通常の製作ではローズウッドを使用する事もありますが、今回はここもヴィンテージのLG-2を踏襲
これにより、弾いた時にメイプル材特有の軽い立ち上がりになります。

材の厚み
トップ材はヴィンテージ同様約3.2mm。
特にサイド材は狙ったトーンを出すべく"合板"を採用。
よりトップ&バック板が振動するようにサイド材をタイトに仕上げ、より締まったバランスの良いトーンを実現しました。

ネック材
ネック材にはKTR-45同様、30年以上保管されていた極上のマホガニーを使用。
タップしたトーンは、非常に抜けが良くバランスが取れています。
ネック材は楽器自体のトーンに与える影響が大きいため、このような熟成材を使用する事でとんでもなくクラスオーバーな楽器になる事は間違いありません。
また、長期自然乾燥による狂いの少なさも特筆すべき点といえます。
ブレーシング
MUSIC LAND KEY KTR PROJECT
Key to the Rockシリーズに初のアコースティックが登場。
VG KTR-45 with “color” Special Semi Hardcase
会社概要 サイトマップ お問い合せ プライバシーポリシー 特定商取引方に基づく表記 古物営業法に基づく表記
Copyright(c) Musicland INC. All Rights Reserved